メニュー

English

キービジュアル

臨床研究センター

臨床研究センターのご紹介
臨床研究センターは基礎的な医学研究成果を出し、さらにそれらを実際の医療に役立てるための懸け橋となる研究を医学の各分野にて進めています。
また、質の高い臨床研究・試験を実施・支援する体制の整備も行っています。

組織体制

医療の質研究室

研究員紹介

  • 室 長:筒泉 貴彦
  • 研究員:石丸 直人 researchmap
  • 研究員:恒光 綾子

研究の概要
医療の日進月歩の進歩により、専門性の高い薬剤や治療法が日々紹介されています。その一方で高齢社会、複数の併存疾患、老々介護や核家族化、引きこもりなどの要因に伴う家族環境の変化、医療過誤など、患者の状況および環境も刻一刻と変わっており、単独の臓器や疾病だけに主眼をおいた科学として医学を追求するだけでは患者の満足に直結しないことも多くなってきています。
医療の質研究室では新しい薬の発見や治療法の開発はそれぞれの専門家にお任せし、いかにして現在あるリソースを用いてより良い医療を提供できるかを考えていきます。
内容が抽象的ですので具体的な例を以下にあげています。

1.総合内科の現行の医療における介入
専門医と連携しながら種々の病態を見ることができる入院診療のプロである総合内科(ホスピタリスト)の介入により医療経済、および医療の質にどのような影響を与えうるかを評価します。
具体例としては手技や高度な専門性を必要としない疾病・病態を入院診療のスペシャリストとして総合内科が対応することによる医療の質の向上および再入院率の低下を示すことが挙げられます。こちらについては最近、誤嚥性肺炎をテーマとして研究が論文としてアクセプトされています。
現在取り組んでいるプロジェクトとしては脊椎圧迫骨折および大腿骨近位部骨折症例の診療を主科として対応することです。通例は整形外科が主科として対応することが多いのですが近年の患者の高齢化もあり、骨折以外の病態が入院中において大きな問題を呈することが増えています。手術やコルセット作成は整形外科に依頼して、それ以外の評価およびマネージメントを総合内科が行うことによる入院診療の質の向上および再入院率、入院中のADLの維持あるいは向上をもたらすことができるかを現在臨床研究にて調査中です。

2.診療看護師(ナースプラクティショナー)による高齢診療における役割
医師および看護師の側面を持つ診療看護師ナースプラクティショナーが介入することで医師不足になりがちな亜急性期・慢性期病床においてどのような影響を与えうるか評価します。まだ診療看護師という職業は本邦において浸透していないのが実情ですが海外では50年以上の歴史があります。医師の監督下という条件下ではありますが診療の多くを行うことができ、それによる医師の労働時間の削減、および看護師としての側面を活用し患者への診療の質の向上に寄与できることが期待されています。現在総合内科に所属している診療看護師は高槻病院において急性期病態を脱した患者様の担当をさせていただいており、より包括的なケアを行えるようにしています。

3.入院に伴う合併症を減らすための取り組み
入院中の転倒、消化管出血など入院してしまったことによる合併症(Hazard of hospitalization)を減らすための介入について研究します。

4.入院された高齢患者に対するアドバンスケアプラニング(望まれる医療)についての面談が与えるインパクト
高齢患者に対して退院前に今後起こりうる疾病に対してどのような加療を希望されるかをあらかじめ話し合う面談がどのような影響を与えるか検討します。

5.24時間利用可能な往診サービスが与えうる在宅医療の質の向上
在宅医、特に個人で診療されている医師の疲弊を防止するためにオンコールサービスを導入することで診療の質を維持することができるかどうかを検討します。来年度に総合内科で往診業務を行うことが予定されており、それに合わせて対応していく予定です。

研究課題一覧
業績一覧
氏名論文 発表 
室 長:筒泉 貴彦
研究員:石丸 直人
研究員:恒光 綾子

医工学研究室

研究員紹介

  • 室 長:平中 崇文
  • 研究員:岡本 剛治
  • 研究員:藤代 高明

研究の概要
近年の医療技術の目覚ましい発展と、高度な医療機器は深いかかわりを持っています。臨床の場で生じる様々な問題に対して、他者の解決を待つのでなく、現場が主導して解決法を見つけていく必要性が益々高まっています。このためには、臨床の最前線にある病院が研究室を持ち、日々生じる問題課題の解決法を自ら探し出してゆくことは大変意義深いことです。
医工学研究室はまさにこのような目的のために設立されました。当研究室で行う活動はすぐに臨床の現場で役立つ、いわゆる即戦力の研究ばかりです。この研究を高い技術を持つ企業と共同して行うことは、医療レベルの向上のみならず我が国の経済の活性化にもつながるため、大変意義があるといえます。
高槻病院医工学研究室の主な活動は以下の通りです。

1.生体工学の研究
医工学研究室では、先進の技術や器具を用いた研究、また技術や器具そのものの開発を行っています。研究対象は生体力学・生理学、医療器具の開発・改良、再生医療等として、診療科の枠を超え、問題解決型の研究を主に行っています。

2.医工連携の推進
様々な企業が持つ高い技術を臨床の場で役立てるよう、医工連携を行っています。その分野はインプラントや人工臓器などの生体材料をはじめとして、診断・治療機器、映像・情報機器、さらには再生医療と多岐にわたります。それぞれの分野において高い技術、ノウハウを持つ企業と提携しています。

3.日本の技術を世界の医療現場に
医療機器分野において、海外企業製品のシェアは約7割といわれています。医療分野は今後とも発展が見込まれる有望な市場であるため、優れた製品を国内企業とともに開発して日本国内における国産製品のシェアを獲得することで、医療レベルの向上のみならず我が国の経済の活性化も促します。
さらに高槻病院医工学研究室では、世界に通用する技術・製品を開発して発信することも目的としています。

研究課題一覧

研究室 研究課題(PDF)

業績一覧
氏名論文 発表 
室 長:平中 崇文
研究員:岡本 剛治
研究員:藤代 高明

病態代謝研究室

研究員紹介

  • 室 長:伊倉 義弘
  • 研究員:大須賀 達也

研究の概要
病態代謝研究室では、室長・伊倉、室員・大須賀の2名が、主に消化器疾患の病態解明~新規治療法の確立を目指し、日常診療の傍、以下の研究テーマに精力的に取り組んでいます。

1.非アルコール性脂肪性肝疾患の成り立ち・病態・予後に関する病理学的・臨床病理学的研究
メタボリックシンドロームの蔓延により、肝細胞の脂肪化を基盤とした肝障害が増えつつあり、今や先進工業国においては、肝硬変をもたらす最大の原因であると認識されています。非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と言いますが、その成り立ちや増悪因子、そして生命予後を左右する肝硬変や肝癌への進展に関しては、未だ不明のままです。当研究室では、NAFLD症例の病理標本及び臨床情報のレビューにより、その病理進展メカニズムを明らかにしてきています。脂肪肝はごくありふれた病変であるため、その中から本当に危険な脂肪肝を特定する手段の確立を当面の目標にしています。一部は科学研究費補助金助成対象となっており、現在までに多くの国内外の学会(日本肝臓学会、日本消化器病学会、日本病理学会、米国肝臓病学会、欧州肝臓学会)や医学雑誌上(Hepatology; World J Hepatol; Dig Dis; J Diabetes; Int J Clin Exp Pathol; Int J Cancerなど)で成果を公表しています。

2.慢性肝疾患における血小板減少の意義について:抗血小板薬投与による治療の可能性
肝硬変に進展すると末梢血中の血小板は減少し、出血傾向となると理解されています。理由は多岐にわたりますが、我々は病肝局所などでの血小板消費の亢進が、要因の一つとして影響をおよぼしていることを明らかにしてきました(Am J Med Sci 2013;消化器内科2013)。この一連の研究で得られた知見から、抗血小板薬で過剰な凝固反応を抑制することにより、血小板数の回復が期待できるのではないかと考え、目下、仮説を検証すべく、所見の蓄積を進めています。得られたデータは一部、国内外の学会(日本肝臓学会、米国肝臓病学会、アジア太平洋肝臓学会)や医学雑誌上(Int J Clin Exp Med 2017)に公表しています。抗血小板薬、特に低容量アスピリンは、肝線維化の進展を遅らせ、肝癌発生抑制に期待が持たれており、2018には米国の医療メディアでも取り上げられました(Gastroenterology & Endoscopy News 2018)。将来的にNAFLDを標的とした低容量アスピリン投与の前向き試験を実施すべく、現在検討中です。

3.さらなる患者負担軽減を目指した内視鏡治療・デバイスの工夫
内視鏡治療は近年格段の進歩をとげ、治療を受ける患者様への大幅な負担軽減をもたらしましたが、未だ改善の余地は残されています。
大腸狭窄に対する金属ステントの有効性および安全性の評価:
日本消化器内視鏡学会附置研究会である「大腸ステント安全手技研究会」のもと、多施設共同研究に参加しています。
小児食道狭窄に対するバルーン拡張術施行時の工夫:
体格や狭窄度に応じたデバイスの使い分けや施療のコツを提案しました(Esophagus 2018)。
  • 内視鏡的痔核結紮デバイスを利用した直腸カルチノイド切除:
    痔核結紮デバイスを応用した簡便・確実な直腸カルチノイド切除手技を考案、欧州消化器病学会で発表しました。現在その治療成績について詳細に解析しています。
研究課題一覧

業績一覧
氏名論文発表
室 長:伊倉 義弘
研究員:大須賀 達也

成育医療研究室

研究員紹介

  • 室 長:片山 義規
  • 研究員:長坂 美和子 researchmap
  • 研究員:谷内 昇一郎

研究の概要
高槻病院は総合周産期母子医療センターの指定を受け、早産児や重篤な病気を持った新生児に高度な医療を提供し、地域の周産期医療システムの中核となる役割を担っており、年間約500名の新生児に入院診療を行っています。また産科及び院内助産センターでは年間約1,200名の出産を取り扱っており、BFH(Baby Friendly Hospital) 認定病院として母子同室にて母乳育児の推進に努めています。また小児病棟・PICUでは年間約2,000名の入院患児を診療し、外来では年間約30,000名を対象に一般診療、専門外来(アレルギー・循環器・神経・代謝等)、乳児健診、在宅外来、予防接種等を行っています。
社会医療法人の認定を受け、小児救急診療にも積極的に取り組んでいます。当院における新生児および小児診療の記録を後方視的に見直す観察研究や、お子様に負担の無い範囲で行われる前向き研究は、現在入院中の新生児、小児に対する診療レベルの向上や今後診療の対象となる新生児、小児の生命予後の改善、合併症の軽減につながり、健全な成長発達に寄与するものと考えます。また学会発表や論文作成により、研究で得られた新たな知見を公表することは、各種の指定を受けた病院としての社会的責任とも考えられます。
以上の方針に沿って、成育医療研究室では様々な臨床研究の発案や遂行業務を統括しています。

研究課題一覧

業績一覧
氏名論文発表
室 長:片山 義規
研究員:長坂 美和子
研究員:谷内 昇一郎

器官発達学研究室

研究員紹介

  • 室 長:原田 敦子
  • 研究員:土居 ゆみ

研究の概要
当研究室は小児脳神経外科の原田敦子(室長)と小児麻酔科医の土居ゆみで構成されています。発達段階にある小児を対象に外科、または手術や麻酔に関する観点から研究を行います。現在行っている研究テーマについて概説します。

1.乳幼児の頭蓋変形の調査
赤ちゃんの頭の形への関心の高まりから、頭位性斜頭(いわゆる向き癖)による頭蓋変形に対して、頭蓋形状誘導療法(ヘルメット治療)が欧米では普及しており、日本でも2018年に薬事承認されました。当院では2015年からヘルメット治療を開始し、2021年4月までに433例に対して治療を行い、症例が蓄積してきましたので、データをまとめていきたいと考えています。
<オプトアウトについて>

2.全身麻酔を必要とする小児が受ける身体的・心理的負担が及ぼす影響
成人では麻酔なし、あるいは局部麻酔などで行える手術・検査であっても子どもには全身麻酔が必要なことがあります。子どもは子どもなりに手術や検査を受けるにあたり年齢相応の身体的・心理的負担があります。全身麻酔や周術期のストレスが小児の身体やその後の発達におよぼす影響を調査し、それらを軽減させるための因子を検討します。

3.検査のため全身麻酔を受ける小児の気道に麻酔薬が及ぼす影響
検査のために安静や不動化が必要な際、小児の場合、多くは鎮静剤や麻酔薬の投与を受けます。鎮静には様々なレベルがあり、それらは一連のものとされており、鎮静は容易に全身麻酔へと移行し、気道の開通性は危うくなりえます。安全に気道を維持し、確実で質の高い検査を行うための最適な方法を分析します。

4.二分脊椎症患者の実態調査
脊髄髄膜瘤、潜在性二分脊椎症(脊髄脂肪腫など)の患者さまの診断、治療、その後の経過について調査し、二分脊椎症の治療効果、予後について検証します。当院に通院中の二分脊椎の患者さまには、匿名という形でデータを提供していただいています。
<オプトアウトについて>

5.グリオーマにおける化学療法感受性の遺伝子指標の検索とそれに基づくテーラーメード治療法の開発
原発性脳腫瘍で一番頻度の高いグリオーマ(神経膠腫)に対する治療は、近年腫瘍細胞の遺伝子型によって、テーラーメードで行われるようになってきています。大阪医療センター金村米博先生が中心となり、関西地区の脳腫瘍の遺伝子解析が行われており、当院もこの研究に参加しています。患者さまの同意が得られた場合、金村先生の元に腫瘍組織を送り、腫瘍の遺伝子解析をしていただくことにより、化学療法の薬剤の決定や予後予測が可能となっています。

6.iPS細胞の分化パターンによる頭蓋縫合早期癒合症の分類と病態メカニズム解明
頭蓋骨縫合早期癒合症は頭蓋骨を連結する縫合が早期に癒合する疾患で、頭蓋の変形や狭小化を引き起こします。20%程度は責任遺伝子がわかっていますが、残りの80%はまだ原因が解明されておりません。今回東京医科歯科大学歯学部分子発生学分野でiPS細胞を用いた頭蓋骨縫合早期癒合症の原因解明の研究が行われることになり、当院もその研究に参加することになりました。具体的には頭蓋骨縫合早期癒合症の患者さまの手術時に切り取った骨をサンプルとして提供し、解析します。また、正常のサンプルも必要なため、頭蓋骨縫合早期癒合症以外の開頭術の際に切り取った骨の一部をご提供いただくことがあります。

7.小児水頭症に対する脳室腹腔(VP)シャントの治療効果の評価
小児水頭症に対するシャント治療の全国規模の調査が脳神経外科学会、小児神経外科学会主導で2019年より行われることになりました。当院小児脳神経外科もこの調査への参加依頼をいただきましたので、倫理委員会の承認を得て、参加することになりました。当院で2019年7月以降にVPシャントを新規に行う患者さまで、研究への参加の同意が得られた患者さまが対象となり、シャントの種類、水頭症の原因、画像所見、手術方法、合併症などの情報を提供します。

8.頭蓋骨縫合早期癒合症術後の頭蓋形状誘導療法(ヘルメット治療)についての後方視的検討
頭蓋骨縫合早期癒合症の治療には、頭蓋形成術や頭蓋骨延長法などが行われてきましたが、いずれも生後6カ月以上で手術を行います。近年赤ちゃんの頭の形への関心の高まりから頭蓋骨縫合早期癒合症が乳児期早期に診断されるようになりました。今までは乳児期早期に発見されても、6か月になるまで治療を待つことが多かったのですが、当科では6か月以前の赤ちゃんに対して内視鏡下縫合切除術を行った後、ヘルメットを装着するという低侵襲の治療を開始しました。この治療法は日本では限られた施設でしか行われていないため、2015年からの当科での治療成績をまとめたいと考えています。
<オプトアウトについて>

9.頭蓋骨縫合早期癒合症における輸血回避の因子についての後方視的検討
頭蓋骨縫合早期癒合症の手術では、50-100%で輸血を要するとされています。輸血に関しては感染症やアレルギー反応などの問題から、小さなお子様では特に回避すべきですので、当院では輸血を回避するための取り組みを行っております。術前1か月前から鉄剤を内服したり、10kg以上の児では術直前の自己血採取や術中に出血した血液を回収して体に戻す装置を用いたりします。上記の取り組みのうちどの項目が輸血回避の因子になっているのか解析し、輸血率をさらに下げていきたいと考えています。
<オプトアウトについて>

10.小児手術の希釈式自己血輸血において貯血に要する時間に影響を与える因子についての後方視的検討
子どもの手術で輸血を回避することは、輸血関連副作用のリスクを軽減する点で重要です。小さな子どもでは術前に自己血貯血をすることは困難であり、当院では手術の直前に貯血をする、希釈式自己血輸血を行うことで輸血を回避する工夫をしています。しかし、血管が細い子どもでは採血をするのにも時間を要するため、時間短縮のためには採血の方法に工夫が必要です。どのような方法が最も有効に血液を採取できるのか、これまでの採血方法から検討します。
<オプトアウトについて>

11.小児頭部外傷患者に関する調査
当院には年間500名前後の頭部外傷の子どもさんが受診されます。ほとんどのお子さんが軽症ですが、時に重症で手術を要する場合もあります。適切な診断、治療に結び付けることを目的として、頭部外傷の受傷機転、症状、画像検査などを調査することとしました。
<オプトアウトについて>

12.小児頭蓋内悪性腫瘍の遺伝子診断体制の構築
近年、がんにおける遺伝子異常の解明は、がんの診断・治療を根本的に変える可能性があることが最近の多くの研究により明らかになってきています。がんの遺伝子異常の全体像を明らかにしていくことにより、将来的には有効な治療法を選択するための指標を示すなど臨床的に重要な意義があるだけでなく、更にその情報が基盤となり新しい治療法の開発に結びつく可能性があると期待されています。小児脳腫瘍においても遺伝子診断は、近い将来、実際の臨床現場に導入され、病型診断やその後の治療法選択に使用されると予測されています。しかしながら、小児脳腫瘍は稀少な疾患であり、1つの施設だけでは十分な試料を確保し、その遺伝子診断体制を構築するのが困難ですので、遺伝子診断法や新たに開発される分子標的治療薬を導入するためにも、国内での症例の集積と、その遺伝子診断を実施する体制を構築する必要が有ると考えられます。そこで、国内で小児脳腫瘍の臨床と研究に携る2つの学会(日本脳腫瘍学会、日本小児神経外科学会)が中心となって、全国レベルでの多施設共同研究体を組織して、小児脳腫瘍試料を収集し、その遺伝子診断を行う体制を構築する研究を実施することになり、当院もその研究に参加することになりました。

13.乳児硬膜下血腫(急性、慢性)の受傷機転についての多施設共同研究
怪我をしたときや、出血しやすくなるような病気にかかったときは脳を包む硬膜と呼ばれる膜の下に血液がたまる硬膜下血腫と呼ばれる状態になることがあります。大人の場合硬膜下血腫が発生する状況はよくわかっていますが、小さなお子さん、特に2歳以下のお子さんの場合はどういう怪我やどういう病気になると硬膜下血腫が発生するのかは未だによくわかっていません。日本においては、これまで乳児期の硬膜下血腫を広い範囲で調査した報告はなく、怪我が生じた原因についてはさまざまな意見が交わされている状況です。この研究では乳児硬膜下血腫がどのように受傷して発症したのかを複数の施設で調査を行い、同年代で他の頭部外傷を負った患者さまたちと比べ、日本における乳児硬膜下血腫の実態および受傷機転を明らかにして、より多くの患者さまたちの診療に役立たせていただこうと考えています。対象となるのは、小児脳神経外科外来、小児科外来、救急外来を受診された4歳以下の頭部外傷の患者さまです。
<オプトアウトについて>

14.頭部超音波断層法を用いた頭蓋縫合早期癒合症の癒合メカニズムの検討
頭蓋縫合早期癒合症の診断には一般的に頭部レントゲン画像やCT画像が用いられていますが、乳幼児への放射線暴露の問題から繰り返しの撮影ができません。これはヒトにおける頭蓋縫合早期癒合症の癒合形態やメカニズムが未だに明らかになっていない原因ともなっています。近年超音波検査による頭蓋骨縫合部の描出の有用性が報告されています。超音波検査は乳幼児にも安全に施行することができ、また、レントゲン画像やCT画像と比べて断層面をより詳しく観察できます。この二点の特徴を利用して、頭蓋骨縫合部を経時的に観察することで、頭蓋縫合早期癒合症の癒合メカニズムを解明できると期待しています。対象となる患者さまは、頭蓋縫合早期癒合症または頭位性斜頭で当院に通院中の患者さまです。
<オプトアウトについて>

15.胎児MRIにおける脊髄髄膜瘤の高位診断法の開発と有用性の検証
本研究は脊髄髄膜瘤の患児の身体所見や検査所見(胎児MRIや出生後画像など)、手術などを後方視的に検討し、胎児MRIにおける脊髄髄膜瘤の高位診断の正確性を検証するのが目的です。
<オプトアウトについて>

16.小児脳神経外科疾患における遺伝学的検査の意義
小児脳神経外科は先天奇形(水頭症、二分脊椎症、頭蓋骨縫合早期癒合症、くも膜嚢胞など)から血管障害(モヤモヤ病、脳動静脈奇形、海綿状血管腫など)、外傷、腫瘍まで幅広い診療を行う診療科です。先天奇形は遺伝的素因が関与していることが多いですが、小児においては、先天奇形だけでなく血管障害や腫瘍においても遺伝的素因が関与していることがあります。遺伝性疾患が疑われる患者さまにおいては、遺伝学的に確定診断されることにより、治療方針、特に手術適応や術式の決定の助けとなることがあります。今回、当院もしくは他院で行われた遺伝学的検査結果が実際の診療にどのような影響を及ぼしたかを調査します。この調査結果を遺伝が関与すると予想される患者さまたちの診療に役立てていきたいと考えています。
<オプトアウトについて>

研究課題一覧

業績一覧
氏名論文発表
室 長:原田 敦子
研究員:土居 ゆみ

腎臓疾患研究室

研究員紹介

  • 室 長:吉川 徳茂
  • 研究員:石森 真吾

研究の概要
1.小児IgA腎症の治療法開発
小児腎疾患の中で、IgA腎症は最も多い慢性腎炎であり腎不全の主要原因である。IgA腎症はIgA免疫複合体が糸球体に沈着した結果、糸球体の慢性炎症が惹起され、糸球体内皮細胞・メサンギウム細胞増殖が起こり、糸球体線維化・腎機能障害に至る。IgA腎症は糸球体の慢性炎症により進行する。現在根治的な治療法のないIgA腎症の治療法を開発する。

2.小児IgA腎症尿中マーカーの開発
現在IgA腎症の診断には腎生検による病理組織学的診断を待たなければならず、より非侵襲的で疾患特異的なバイオマーカーが求められている。尿は非侵襲的に採取できることから、尿バイオマーカーを用いたIgA腎症の診断や病勢の予想ができると臨床的に非常に有用である。尿バイオマーカーを用いてIgA腎症を非侵襲的に診断する方法を開発する。

3.先天性腎尿路異常における尿中バイオマーカーの開発
先天性腎尿路異常は小児における慢性腎臓病のうち最多を占めるが、その進展機序は未だに不明である。近年になって「慢性腎臓病進展の病態におけるレニンアンギオテンシン系の関与」が報告されたが、慢性腎臓病進展機序の未解明な先天性腎尿路異常とレニンアンギオテンシン系による腎間質障害との関連についてはこれまで一切検討がなされていない。尿中バイオマーカーにより「潜在性のレニンアンギオテンシン系亢進」を証明することで、先天性腎尿路異常の慢性腎臓病進展機序解明を行う。

4.乳児発熱性尿路感染症における腎腫大と遠隔期予後との関連の検討
乳児発熱性尿路感染症は不可逆性病変である腎瘢痕を形成しうることが知られ、そのrisk factorとして膀胱尿管逆流症、反復性尿路感染症、腎腫大がある。初発尿路感染症時に評価可能なものは腎腫大のみである。近年、我々は単一施設での乳児発熱性尿路感染症初発時の腎腫大が反復性尿路感染症と有意に相関することを報告した。多施設でより大規模な検討により、腎腫大と遠隔期予後との関連を証明できれば、副次的に腎瘢痕形成予防につながる。

5.小児ネフローゼ症候群におけるワクチン接種とネフローゼ再発との関連研究
小児特発性ネフローゼ症候群の原因はいまだ不明であるが、上気道ウイルス感染症や様々なワクチン接種などがネフローゼ再発の誘因となる。しかし、小児ネフローゼ症候群患者におけるインフルエンザウイルスワクチン接種とネフローゼ再発に着目した検討は少ない。我々は後方視的検討の中で、インフルエンザウイルスワクチンで小児ネフローゼ再発のリスクは増加しないことを報告した。小児特発性ネフローゼ症候群の患者に対しインフルエンザウイルスワクチンの接種を行い、ネフローゼ再発に及ぼす影響とその他の副反応を前方視的に探索的に評価することで、インフルエンザウイルスワクチン接種の安全性および安全に接種するタイミングを解明できる。

6.小児造影剤腎症予防の研究
造影剤の使用は腎障害のリスクであることは周知されている。成人領域では大量輸液、アルカリ輸液、血液透析といった様々な造影剤腎症予防が講じられているが、小児領域においてはそのエビデンスに乏しいのが現状である。急性腎障害合併小児を多く抱える小児集中治療室では、造影剤を使用した画像検査を余儀なくされる機会が多い。小児集中治療室において造影剤を使用する急性腎障害合併小児に対し、輸液や透析などにより層別化を行って腎予後を評価することは、小児造影剤腎症予防の開発につながる。

研究課題一覧

業績一覧
氏名論文発表
室 長:吉川 徳茂
研究員:石森 真吾


治験(ちけん)

治験(ちけん)とは?
治験とは新しいお薬の有効性と安全性を調べるための臨床試験で、患者さまと医療機関、行政、製薬企業等が協力して行います。当院では治験の安全、円滑な実施に努めています。

現在実施中の治験・製造販売後臨床試験
疾患名診療科件数
市中肺炎 呼吸器内科 1件
肺炎球菌 小児科 1件
RS 小児科 1件
重症喘息 呼吸器内科 1件
早期症候性アルツハイマー病 脳神経内科 1件
早期アルツハイマー病 脳神経内科 2件

※医師主導治験は現在実施しておりません。

研究支援室
  • 院内治験コーディネーター 1名
  • 治験事務局 1名
  • 治験施設支援機関(SMO 2社)

標準業務手順書

治験審査委員会

概要

名称 社会医療法人愛仁会 高槻病院 治験審査委員会
設置者 社会医療法人愛仁会 高槻病院 院長
所在地 大阪府高槻市古曽部町一丁目3番13号

治験審査委員名簿

治験審査委員名簿


委員会日程

2021年度

開催(予定)日
(毎月第4月曜日)
書類提出期限
(2週間前必着)
議事概要
2022年3月28日 2022年3月14日  
2022年2月28日 2022年2月14日  
2022年1月24日 2022年1月7日  
2021年12月27日 2021年12月13日  
2021年11月22日 2021年11月8日  
2021年10月25日 2021年10月11日  
2021年9月27日 2021年9月13日
2021年8月23日 2021年8月6日
2021年7月26日 2021年7月12日
2021年6月28日 2021年6月14日
2021年5月24日 2021年5月10日
2021年4月26日 2021年4月12日

2020年度

開催(予定)日
(毎月第4月曜日)
書類提出期限
(2週間前必着)
議事概要
2021年3月30日 迅速審査
2021年3月22日 2021年3月8日
2021年2月22日 2021年2月8日
2021年1月25日 2021年1月8日
2020年12月21日 2020年12月7日
2020年11月30日 2020年11月16日
2020年10月26日 2020年10月12日 -
2020年9月28日 2020年9月14日
2020年8月24日 2020年8月7日
2020年7月27日 2020年7月13日
2020年6月22日 2020年6月8日
2020年5月25日 2020年5月11日
2020年4月27日 2020年4月13日

2019年度

開催(予定)日
(毎月最終月曜日)
書類提出期限
(2週間前必着)
議事概要
2020年3月30日 2020年3月16日
2020年2月17日 2020年2月3日
2020年1月27日 2020年1月10日
2019年12月23日 2019年12月9日
2019年11月25日 2019年11月11日
2019年10月28日 2019年10月11日
2019年9月30日 2019年9月13日
2019年8月26日 2019年8月9日
2019年7月29日 2019年7月12日
2019年6月24日 2019年6月10日
2019年5月27日 2019年5月13日
2019年4月22日 2019年4月8日


小児と薬情報収集ネットワーク整備事業について

当院は「小児と薬情報収集ネットワーク整備事業」に参加しています。小児と薬情報収集ネットワーク整備事業は、小児領域における医薬品の安全対策の向上を目的に、厚生労働省の委託事業として活動であり、小児治験ネットワークで整備したインフラや人的ネットワークを活用し、小児に医薬品が投与された際の投与実態(投与量、投与方法)や副作用等の情報を自動的に収集し、分析・評価する体制(システム)を整備しています。このシステムで得られた情報(診療情報データ)を活用して、小児領域における医薬品の安全対策の向上、小児医薬品の開発促進を目指しています。

小児と薬情報収集ネットワーク整備事業の詳しい内容はパンフレット(PDF)と小児治験ホームページ:https://pctn-portal.ctdms.ncchd.go.jp/をご参照下さい。

【臨床研究に関するお知らせ】

高槻病院では、医学・健康科学および医療技術・看護学の発展を目的として、様々な臨床研究を実施しています。これらすべての研究は、当院倫理審査委員会が審査を行い承認した研究です。なお、対象となる方のプライバシーや人権には細心の注意を払って実施しています。


研究の中には、過去に当院に通院された患者さまの診療記録や医療情報等を使用させて頂くものがあります。このような研究は、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」において研究の情報を公開し、実施することが認められています。


下表では当院で実施中の公開の対象となる研究を掲載しています。研究の詳細をお知りになりたい場合や、研究の対象に該当すると思われる方でご自身の情報が使用されることを望まない場合は、それぞれの公開文書に記載している連絡先にお問い合わせ下さい。

高槻病院倫理審査委員会
情報を公開して実施する臨床研究の一覧
受付番号研究課題名研究責任者所属研究期間公開文書
2021-37 大規模データベースを用いた頭蓋骨縫合早期癒合症の日本における実態調査 原田 敦子 小児脳神経外科 2021.9.16~2028.3.31
2021-36 IgG4関連疾患を対象とした長期予後の多施設共同観察研究 角山 沙織 消化器内科 2021.9.9~2026.3.31
2021-33 新型コロナウイルス感染症の流行に伴う熱発隔離が急性期脳卒中患者のリハビリテーションに及ぼす影響に関する後ろ向き観察研究 阿河 由巳 リハビリテーション科 2021.8.26~2021.12.31
2021-28 疾患別身体組成評価指標(骨格筋量指数SMI、位相角PhA)と運動、嚥下、認知機能の関係 欅 篤 リハビリテーション科 2021.8.16~2022.3.31
2021-27 当院PICUにおけるせん妄発症率とその要因 永田 郁未 看護部 PICU 2021.8.2~2022.3.31
2021-24 人工膝関節置換術における、機種の違いが臨床成績、X線学的所見に与える影響の調査 平中 崇文 整形外科・関節センター 2021.7.28~2024.3.31
2021-23 Oxford式単顆型人工膝関節置換術の各種術中所見と術後成績との関係に関する研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2021.7.28~2024.3.31
2021-22 当院PICUにおける早期離床への取り組みに対する後ろ向き観察研究 飯塚 崇仁 リハビリテーション科 2021.7.16~2022.3.31
2021-20 新生児のアンバウンドビリルビンの日齢による変化に関する後ろ向き観察研究 片山 義規 新生児科 2021.6.30~2023.3.31
2021-17 待機的開心術患者への術前栄養剤投与効果の検討 西村 雄二 栄養管理科 2021.6.30~2023.3.31
2021-15 DPCコードを用いた内科後期研修医の入院患者診療の量的評価 筒泉 貴彦 総合内科 2021.6.9~2021.10.30
2021-13 オシメルチニブ1次治療の薬剤性肺障害発現頻度を含めた安全性と有効性の検討 松村 佳乃子 呼吸器内科 2021.9.2~2022.12.31
2021-12 進展型小細胞肺癌に対する免疫チェックポイント阻害薬併用化学療法における肺障害の発症と背景肺の間質性陰影についての観察研究 松村 佳乃子 呼吸器内科 2021.7.8~2022.6.30
2021-10 逆行性静脈路留置は小児患者における希釈式自己血輸血のための貯血時間を短縮するかに関する後ろ向き観察研究 土居 ゆみ 麻酔科 小児周術期センター 2021.5.19~2022.3.31
2021-09 乳幼児の頭蓋変形の調査 原田 敦子 小児脳神経外科 2021.5.24~2031.3.31
2021-08 小児脳神経外科疾患における遺伝学的検査の意義 原田 敦子 小児脳神経外科 2021.5.13~2031.3.31
2021-07 Oxford式部分人工膝関節置換術(Oxford UKA)後のモバイルベアリング脱転に関する研究
A study about bearing dislocation after the Oxford unicompartmental knee arthroplasty.
平中 崇文 整形外科・関節センター 2021.5.17~2025.3.31
2021-05 小児重症患者におけるエコーガイド下栄養チューブ幽門後留置法の有効性に関する前向きコホート研究 大西 聡 小児科 2021.5.17~2023.3.31
2021-02 ICUの形態によるスタッフのモチベーションと患者及びコスト管理に関する後ろ向き観察研究 土居 ゆみ 麻酔科 小児周術期センター 2021.4.15~2022.3.31
2021-01 ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群における遺伝子異常の有無と腎組織の関係(多施設共同観察研究) 吉川 徳茂 臨床研究センター 2021.4.12~2024.3.31
2020-75 免疫チェックポイント阻害剤による免疫関連膵炎に関する観察研究 角山 沙織 消化器内科 2021.4.2~2022.3.31
2020-74 消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査 大須賀 達也 消化器内科 2021.3.24~2021.12.31
2020-72 手術ロボット(Rosa®)を用いた人工膝関節手術の観察研究
Observational study of robotic knee arthroplasty surgery using Rosa®
平中 崇文 整形外科・関節センター 2021.3.18~2025.3.31
2020-69 「2016-2020年発症の小児期B群レンサ球菌感染症の全国調査」 片山 義規 新生児科 2021.3.2~2021.5.31
2020-68 股関節周囲骨折に対する術前後のアライメントに関する研究
Retrospective study about pre- and postoperative leg alignment of patients with hip fracture
平中 崇文 整形外科・関節センター 2021.2.19~2022.3.31
2020-62 大腿骨転子部骨折患者における観血的骨接合術術後の荷重量と歩行能力に関する後ろ向き観察研究 堀江 知穂 リハビリテーション科 2020.12.10~2021.10.31
2020-56 レセプトおよびDPCデータを用いた循環器疾患における医療の質に関する研究 中島 健爾 循環器内科 2020.11.20~2026.3.31
2020-55 補助循環用ポンプカテーテルに関するレジストリ事業 中島 健爾 循環器内科 2020.11.10~2022.12.31
2020-52 非発作性心房細動に対するカテーテルアブレーションにおけるCARTOFINDER™を用いた巣状および旋回興奮指標に基づく治療と従来型心内心電図指標に基づく治療の有効性と安全性を比較検討する観察研究 坂田 憲祐 不整脈内科 2020.10.28~2022.3.31
2020-51 変形性関節症に対する脂肪組織由来再生幹細胞を用いた細胞医療に対する観察研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2020.10.23~2025.3.31
2020-49 データベースを用いた国内発症小児Coronavirus Disease 2019(COVID-19)症例の臨床経過に関する検討 大西 聡 小児科 2020.10.20~2024.3.31
2020-48 本邦でのCOVID-19感染患者治療の疫学的調査 大西 聡 小児科 2020.10.20~2025.3.31
2020-37 慢性心不全患者のフレイル実態調査 本郷 裕士 リハビリテーション科 2020.9.4~2023.3.31
2020-33 潰瘍性大腸炎患者を対象とした組織学的リンパ球浸潤レベルとベドリズマブの治療効果の相関性についての観察研究 大須賀 達也 消化器内科 2020.8.11~2022.7.31
2020-32 重篤小児患者の施設間搬送に関する多施設共同レジストリ 大西 聡 小児科 2020.8.11~2021.7.31
2020-30 人工単顆置換術後の身体機能回復への術前栄養状態の影響 村川 佳太 リハビリテーション科 2020.8.6~2022.3.31
2020-29 成育限界週数で出生し積極的治療を受けた児の予後に影響する周産期因子の検討 長坂 美和子 小児科 2020.8.3~2022.3.31
2020-26 急性期の脳卒中患者の平均栄養摂取量と骨格筋量・歩行能力の関係についての研究 村川 佳太 リハビリテーション科 2020.7.29~2022.3.31
2020-20 乳児硬膜下血腫(急性、慢性)の受傷機転についての多施設共同調査 原田 敦子 小児脳神経外科 2020.7.8~2025.8.31
2020-19 摂食嚥下機能と身体・運動および認知機能の関係 欅 篤 リハビリテーション科 2020.7.6~2022.3.31
2020-17 極低出生体重児の発育に関する後ろ向き観察研究 小寺 智子 心理室 2020.6.24~2024.12.31
2020-16 2015年出生児を対象としたハイリスク新生児医療全国調査 片山 義規 新生児科 2020.6.17~2021.9.30
2020-15 ロボットスーツHAL®単関節タイプが人工膝関節置換術後の身体機能、歩行に与える影響 堀江 知穂 リハビリテーション科 2020.6.17~2021.8.1
2020-14 人工膝関節置換術における3D-CTを使用した研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2020.6.29~2025.3.31
2020-13 日本産科婦人科学会周産期委員会 周産期登録事業及び登録情報に基づく研究 中後 聡 産婦人科 2020.5.25~2026.12.31
2020-12 神経発達症の特性を持つ患者に関する観察研究 武井 安津子 小児科 2020.5.25~2025.3.31
2020-11 新生児のMRSA保菌状況と除菌に関する後ろ向き観察研究 片山 義規 新生児科 2020.5.13~2022.3.31
2020-07 COVID-19に関するレジストリ研究 船田 泰弘 呼吸器内科 2020.4.24~2024.3.31
2020-06 発熱性尿路感染症における腎腫大と腎予後との関連の検討 Multicenter retrospective cohort study 石森 真吾 小児科 2020.5.1~2021.3.31
2020-05 JROAD-DPCを使用した、劇症型心筋炎の疾患登録とその解析 湯口 賢 循環器内科 2020.5.1~2022.3
2020-04 消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース構築(9.0版) 大須賀 達也 消化器内科 2020.4.24~2024.12.31
2020-01 IgA腎症における肉眼的血尿に伴った急性腎障害を対象とした病理組織および臨床経過に関する研究 石森 真吾 小児科 2020.4.20~2025.3.31
2019-99 口腔ケアの有無による早期人工呼吸器関連肺炎(VAP)発症率の違いに関する後ろ向き観察研究 片山 義規 新生児科 2020.3.30~2021.12.31
2019-97 集中治療室での栄養プロトコル導入効果の検討 西村 雄二 栄養管理科 2020.3.30~2022.3.31
2019-93 非IgE依存性消化管食物アレルギーの観察研究 今出 礼 小児科 2020.3.13~2025.3.12
2019-92 食物アレルギーにおける低抗原親和性IgEの研究 谷内 昇一郎 小児科 2020.3.12~2023.3.11
2019-90 生殖補助医療による妊娠の周産期予後の検討 柴田 貴司 産婦人科 2020.3.5~2026.12.31
2019-89 日本産科婦人科内視鏡学会における手術および合併症登録 加藤 大樹 産婦人科 2020.3.4~2025.12.31
2019-88 “羊水吸引による子宮容量縮小”が子宮底部横切開の腹壁切開長に与える効果の検討 中後 聡 産婦人科 2020.3.9~2025.3.31
2019-87 脂肪組織に含まれる間質血管細胞群の持つ抗炎症作用に関する研究 平中 崇文 整形外科 2020.2.19~2024.3.31
2019-84 腸管出血性大腸菌感染症に続発する溶血性尿毒症症候群の発症・予後規定因子を検討する症例対照研究 石森 真吾 小児科 2020.2.12~2022.12.31
2019-76 小児医療情報収集システムを用いたコホート研究 四本 由郁 小児科 2020.1.6~2028.3.31
2019-67 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2019.12.13~2031.3.31
2019-64 近畿川崎病研究会における川崎病急性期治療成績に関する後ろ向き観察研究 内山 敬達 小児科 2019.11.19~2024.11.18
2019-59 IgA腎症および紫斑病性腎炎を対象とした病理組織および治療効果に関する観察研究 石森 真吾 小児科 2019.10.25~2024.3.31
2019-55 誤嚥性肺炎患者における早期リハビリテーション・早期経口摂取の効果の検討 俵屋 章則 リハビリテーション科 2019.10.15~2022.3.31
2019-47 急性脳症・熱性けいれんの予後に関するレジストリ研究 服部 有香 小児科 2019.10.1~2030.12.31
2019-46 発熱に伴うけいれん・意識障害患者を対象とした急性脳症早期診断マーカーに関する前方視的観察研究 服部 有香 小児科 2019.10.2~2025.12.31
2019-42 日本産科婦人科学会 婦人科腫瘍委員会 婦人科悪性腫瘍事業及び登録情報に基づく研究 大石 哲也 産婦人科 2019.9.4~2032.12.31
2019-39 オーラルフレイル、口腔機能低下症と身体運動機能、認知機能の関係 欅 篤 リハビリテーション科 2019.8.29~2022.3.31
2019-34 一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database) 前野 和重 脳神経外科 2019.8.23~2023.9.30
2019-32 超早産児における気胸の管理方法の解析 岸上 真 新生児科 2019.9.4~2024.3.31
2019-24 初期もの忘れ外来受診患者におけるサルコペニアと認知機能の関係 欅 篤 リハビリテーション科 2019.7.22~2022.3.31
2019-17 人工膝関節単顆置換術の適応の術者間の違いに関する研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2019.6.27~2021.12.31
2019-16 咽頭・喉頭・気管狭窄症に対する全国疫学調査 久松 千恵子 小児外科 2019.6.20~2022.10.31
2019-15 大腿骨近位部骨折患者における便秘のリスクについての後ろ向き観察研究 笹木 晋 総合内科 2019.6.20~2022.3.30
2019-14 二分脊椎症患者の実態調査 原田 敦子 小児脳神経外科 2019.6.20~2029.3.31
2019-12 骨盤臓器脱に対する“恥骨頸部筋膜巻きだし法”の有用性の検討 小辻 文和 産婦人科 2019.6.20~2022.3.31
2019-11 がん患者に対する骨修飾薬使用が原因と考えられる非定型大腿骨骨折に関する多施設共同観察研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2019.6.20~2021.12.31
2019-07 下肢筋への電気刺激療法が開胸術後患者に与える影響に関する後ろ向きコホート研究 本郷 裕士 リハビリテーション科 2019.5.17~2021.9.30
2018-84 小児頭部外傷患者についての調査 原田 敦子 小児脳神経外科 2019.3.6~2028.3.31
2018-83 急性大動脈解離発症前造影CT画像の解析 大北 裕 心臓・大血管センター 2019.2.14~2022.3.31
2018-82 大腿骨転子部骨折術後における座位・臥位Budin撮影とCT撮影での大腿骨頚部前捻角の比較 平中 崇文 整形外科 2019.2.20~2024.3.31
2018-79 人工膝関節置換術の術後成績に関与する因子の研究 平中 崇文 整形外科・関節センター 2019.2.14~2025.12.31
2018-77 ダニ・スギ免疫療法における観察研究 谷内 昇一郎 小児科 2019.1.25~2021.12.31
2018-75 低出生体重児の就学前後における認知行動機能評価 来田 路子 小児科 2019.1.7~2024.3.31
2018-66 人工膝関節手術における術前単純X線画像と手術時の前十字靭帯の状態の相関関係について 平中 崇文 整形外科 2018.12.4~2023.3.31
2018-50 頭蓋骨縫合早期癒合症術後の頭蓋形状誘導療法(ヘルメット治療)についての後方視的検討 原田 敦子 小児脳神経外科 2018.9.20~2028.3.31
2018-49 本邦における心血管インターベンションの実態調査(J-PCI) 中島 健爾 循環器内科 2018.9.5~
2018-46 人工股関節置換術後におけるインプラント周囲の骨密度に関する研究 藤代 高明 整形外科 2018.10.25~2023.3.31
2018-38 胎児MRIにおける脊髄髄膜瘤の高位診断法の開発と有用性の検証 原田 敦子 小児脳神経外科 2018.8.15~2028.3.31
2018-31 頭蓋骨縫合早期癒合症手術における輸血回避の因子についての検討 原田 敦子 小児脳神経外科 2018.7.19~2028.3.31
2018-28 日本心血管インターベンション治療学会内登録データを用いた統合的解析(CVIT-2017) 中島 健爾 循環器内科 2018.7.17~2027.3.30
2018-26 人工股関節置換術後の臨床成績と画像所見に関する研究 藤代 高明 整形外科 2018.10.25~2023.3.31
2018-24 当院小児脳神経外科でMRI検査を受けた小児患者の気道開通性に関する検討 土居 ゆみ 麻酔科 2018.7.17~2022.12.31
2018-18 ナビゲーションシステムを使用した人工股関節置換術に関する研究 藤代 高明 整形外科 2018.6.6~2023.3.31
2018-13 ⼤腿⾻近位部⾻折に対する後ろ向き観察研究 平中 崇⽂ 整形外科・関節センター 2018.5.11~2024.3.31
2018-06 ⼈⼯膝関節置換術前後の下肢アライメントの研究 平中 崇⽂ 整形外科・関節センター 2018.4.20~2022.12.31
2018-04 単顆型⼈⼯膝関節置換術後の成績不良因⼦に関するケース・コントロール研究 平中 崇⽂ 整形外科・関節センター 2018.4.17~2022.12.31
2017-75 先天性腎尿路異常における慢性腎臓病進⾏とレニンアンギオテンシン系の関連の検討 石森 真吾 ⼩児科 2018.3.26~2022.9.30
2017-74 先天性腎尿路異常におけるレニンアンギオテンシン系の関連の検討 石森 真吾 ⼩児科 2018.3.26~2022.9.30
2017-37 大腿骨転子部骨折術後患者を対象にした、modified Budin法による大腿骨前捻角と術後アウトカムとの関係を明らかにする為の前向きコホート研究 平中 崇文 整形外科 2017.10.4~2022.12.31
2017-31 頭部超音波断層法を用いた頭蓋縫合早期癒合症の癒合メカニズムの検討 原田 敦子 小児脳神経外科 2017.9.29~2022.4.30
2017-11 カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-ABレジストリ) 山城 荒平 不整脈内科 2017.6.27~2030.3.31
2016-35 妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の妊娠転帰および母児の長期予後に関する登録データベース構築による多施設前向き研究(Diabetes and Pregnancy Outcome for Mother and Baby Study)-糖尿病および‘妊娠中の明らかな糖尿病(Overt diabetes in pregnancy)'合併妊娠の妊娠転帰調査-(DREAM Bee study[DM/Overt DM-PO]) 陳 慶祥 糖尿病内分泌内科 2016.11.29~2031.12.31
2016-08 遺伝⼦・ゲノム診断 四本 由郁 ⼩児科 2016.7.11~2025.3.31
2016-05 妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の妊娠転帰および母児の長期予後に関する登録データベース構築による多施設前向き研究(Diabetes and Pregnancy Outcome for Mother and Baby Study)-妊娠糖尿病・妊娠転帰-(DREAM Bee study[GDM-PO]) 陳 慶祥 糖尿病内分泌内科 2016.5.30~2029.12.31
2014-32 臍帯血IL-6を用いた新生児の予後についての前向き観察研究 池上 等 新生児小児科 2015.3.25~2022.5.31
2013-14 小児頭蓋内悪性腫瘍の遺伝子診断体制の構築 原田 敦子 小児脳神経外科 2014.1.6~2026.3.31
公的研究費の適正な運営・管理活動
コンプライアンスについて
研究活動に係る相談・通報窓口
研究に携わる職員のためのハンドブック

ACCESS交通アクセス

〒569-1192
大阪府高槻市古曽部町1丁目3番13号
アクセス情報を見る

電車でご来院の方

  • JR高槻駅徒歩7分、阪急高槻市駅徒歩12分

高槻駅からの順路はこちら

車でお越しの方

  • 高槻病院西駐車場、
    愛仁会リハビリテーション病院
    地下第1駐車場がございます。

駐車場のご案内はこちら