メニュー

English

キービジュアル

専門・認定看護師の活動

専門看護師、認定看護師は、公益社団法人日本看護協会が創設した資格認定制度です。当院には、専門看護師4名、認定看護師13名が在籍しています。

専門看護師

看護協会の専門看護師認定審査に合格し、特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することを認められた看護師です。複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供し、保健医療福祉の発展や看護学の向上をはかることを目的としており、専門看護分野での「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」を行っています。

分野名氏名活動内容
小児看護専門看護師 橋倉尚美 子どもたちが健やかに成長発達できるよう様々な場面で看護スタッフや他職種・他機関と連携、協同し「子どもにとっての最善は何かを」考え支援します。
母性看護専門看護師 久世宏美 妊娠、出産、育児期にある女性や新生児、家族に関わる支援を専門としています。合併症のある妊婦、産婦への支援と、妊娠を機に精神的な支援が必要となる妊婦、褥婦への支援にも対応しています。
がん看護専門看護師 塚久美子 がんと診断される前や治療を受けられている、あらゆる時期の患者・家族様の療養生活における様々な不安や心配事に対して医師や他職種と連携して解決に努めていきます。
急性・重症患者看護専門看護師 田中郁美 集中治療が必要な患者の健康回復にむけ、速やかな全身状態の安定や、クオリティ・オブ・ライフの尊重を重視したケアの提供に努めています。

認定看護師

看護協会の認定看護師認定審査に合格し、特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を認められた看護師です。専門的な看護が必要な患者と家族に対し、認定看護分野の専門知識に基づき判断し実践します。看護現場において「実践」「指導」「相談」を行っています。

クリティカルケア看護認定看護師 山﨑祐嗣 急性期医療に必要な専門性の高い知識や技術の向上を目指し、スタッフの教育・指導を行っています。
救急看護認定看護師 藤永純一 救急看護認定看護の必要な能力である予測性・準備性・即応性を活用し、患者の緊急度や重症度をアセスメントし日々の支援に努めています。
緩和ケア認定看護師 中川純子 緩和ケアチームの専従看護師として多職種と協力しながら、がん患者と家族のケアを行っています。その人らしい生き方を大切にし、病気を抱えながらも心身ともに穏やかに過ごせるよう支援しています。
新生児集中ケア認定看護師 井上裕美 言葉で感情や思いを表現することが難しい新生児のサインを見逃さず、生理学的安定と成長・発達を促すことを目指したケアを実践するよう努めています。
新生児集中ケア認定看護師 岡原恵都子 新生児を中心とした家族の個別性に合わせて、1日でも早く家族と一緒に過ごせる事が出来るよう、チームで支援しています。
皮膚・排泄ケア認定看護師 根岸睦 スキンケアを基盤にストーマ(人工肛門・膀胱)、床ずれ等の創傷、排泄管理を専門的に行っています。あらゆる年代の方が対象で予防ケアから複雑な事例にも対応してます。
感染管理認定看護師 鳴美英智 看護実践における感染防止対策だけでなく、医療全般 における感染管理の効果的なプログラムに責任をもち 感染防止対策の最新情報を提供するとともに、感染を 予防・管理・監視しています。
糖尿病看護認定看護師 山下みどり 糖尿病治療は食事療法・運動療法・薬物療法が治療の3本柱であり、患者の生活に合わせた治療の継続を中心に支援しています。
がん性疼痛看護認定看護師 喜多直 がんの痛みを抱える患者様、ご家族様の身体的な痛みだけでなく心の辛さ、社会的な不安など様々な苦痛をできるだけやわらげられるようスタッフと共に援助しています。
乳がん看護認定看護師 溝口綾 乳がんの発症年齢は若年から高齢者まで幅広く、乳がん治療は多岐にわたり、副作用の出現は生活に大きく影響します。乳腺外科のチームの一員として他職種と連携し、患者と家族の生活を支援しています。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師 原田雅美 呼吸器疾患を持ちながら生活されている患者様とそのご家族様が安心できる生活、療養環境づくりを支援しています。
認知症看護認定看護師 田中さおり 高齢者や認知症のある方が、少しでも住み慣れた生活に戻れるよう安心・安全な看護ケア及び療養環境の提供に向けて、看護職に対する具体的な指導や相談に対応しています。
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 本江真人 脳卒中患者の障害に対し、その方らしい生活の再構築に向けた看護と再発予防の指導を提供できるよう努めています。