愛仁会グループ

HOME > 地域医療支援病院 > 開放型病院

地域医療室

開放型病院について

"開放型病院"は地域の全ての医師又は歯科医師がその病院の施設・設備利用の為に開放されており、専用の病床(ベッド)が適切に備えられていなければなりません。開放型の病院は医師会の合意を得る、20以上の診療所の医師基準を満たすと「開放型病院共同指導料」の算定が可能となります。高槻病院は平成9年11月に"開放型病院"の届を出しました。

共同診療について

高槻病院のような"開放型病院"に紹介し入院となった患者さまを、紹介元の診療所の先生が"開放型病院"にお越しになって、"開放型病院"の医師と共同で診療、指導などされた場合に算定できる指導料です(共同診療を行った場合、原則患者さまには自己負担が発生します)。「開放型病院共同指導」を行うには診療所の先生方に登録医になっていただく必要があります。 現在高槻病院の登録医の先生方は300名を超えています。

≫登録医リスト(PDF)≫

高槻病院開放型登録医一覧

地域別検索(地図上または地域名をクリック)