愛仁会グループ

HOME > 医学研究・学会研究について > 小児と薬情報収集ネットワーク整備事業について

医学研究・学会研究について

小児と薬情報収集ネットワーク整備事業について

当院は「小児と薬情報収集ネットワーク整備事業」に参加しております。小児と薬情報収集ネットワーク整備事業は、小児領域における医薬品の安全対策の向上を目的に、厚生労働省の委託事業として活動であり、小児治験ネットワークで整備したインフラや人的ネットワークを活用し、小児に医薬品が投与された際の投与実態(投与量、投与方法)や副作用等の情報を自動的に収集し、分析・評価する体制(システム)を整備しています。このシステムで得られた情報(診療情報データ)を活用して、小児領域における医薬品の安全対策の向上、小児医薬品の開発促進を目指しています。

小児と薬情報収集ネットワーク整備事業の詳しい内容は以下のパンフレット(PDF)
小児治験ホームページ:https://pctn-portal.ctdms.ncchd.go.jp/をご参照ください。