平成28年度 高槻 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 3021 400 450 884 829 917 1995 2860 1879 461
平成28年度の退院患者を対象として、入院時での年齢で集計し年齢階級別(10歳刻み)に患者数を数値化したものです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病 なし 107 4.45 4.48 0.00% 67.67 なし
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 89 13.78 11.06 6.74% 76.39 あり
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし150010xxxxx0xx 60 6.60 5.50 1.67% 53.67 なし
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 53 8.34 7.89 3.77% 59.66 なし
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 35 10.20 9.19 5.71% 70.11 なし
消化器内科では日常よく経験する例から悪性腫瘍による治療困難例まで、盲点のないように幅広く対応しています。結石や腫瘍による胆管炎に対しては、内視鏡手技を用いて安全で負担が少なく確実な治療を目指しています。急性腸炎の重症例は入院での治療をおこない、絶食と点滴治療で自覚症状の軽減に努めています。また虚血性腸炎は下痢・腹痛・血便を主な症状とする疾患ですが、これも受診直後に緊急の内視鏡を行ない、その所見により治療法を選択しています。
糖代謝内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 93 14.31 14.61 0.00% 62.03 なし
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 39 17.44 14.91 2.56% 67.08 なし
100060xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 22 12.95 13.46 0.00% 53.18 なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 15 19.33 12.43 13.33% 73.13 なし
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 あり 85歳未満 15 14.13 16.31 0.00% 65.00 なし
糖代謝内分泌内科の入院で大多数を占めるのは、2型糖尿病の患者の血糖コントロールや合併症の精査・加療目的の入院です。1週間ごとに繰り返される入院患者対象の多職種がチームでかかわる糖尿病教室が行われているのが特徴です。1型糖尿病で大多数を占めるのは、CSII(持続皮下インスリン注入ポンプ療法)導入目的の入院で、先進糖尿病治療にも取り組んでいる当院の特徴が表れています。次に多いのは糖尿病に合併する感染症で多数を占める尿路感染症の入院です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 152 18.22 21.25 23.03% 84.28 なし
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 53 17.43 12.35 1.89% 67.68 なし
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 52 3.69 3.68 1.92% 73.02 なし
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 39 23.08 19.92 10.26 73.41 なし
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 19.18 14.83 36.36% 74.55 なし
呼吸器内科の入院では肺炎(誤嚥性肺炎)と肺癌が多くなっています。誤嚥性肺炎は繰り返すことが多いですが、当院では口腔ケアや嚥下訓練を積極的に行って再発の防止に努めています。肺癌患者さんには、迅速な診断と治療を心掛けており、初診から1週間以内に気管支鏡ができる体制を整えています。また、検査入院では睡眠時無呼吸症候群のポリソムノグラフィーと気管支鏡検査をいずれも約70件(気管支鏡は入外合計155件)実施しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 292 3.43 3.06 0.00% 69.12 あり
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 279 4.75 5.51 1.43% 65.54 あり
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 264 5.77 4.71 0.76% 70.20 あり
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 23.61 17.95 15.49% 82.66 なし
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 55 3.38 3.22 0.00% 70.80 あり
当院は循環器内科と不整脈内科が独立して活動している。循環器内科と不整脈内科入院患者1498名のうち狭心症(虚血性心疾患050050)が約43%, 心不全が約12%を占める。冠動脈造影検査(CAG)の件数が、狭心症の入院患者数より上回るが、糖尿病教育入院中の運動負荷心電図陽性症例を同一入院中にCAGを施行したり、下肢血管バイパス術の同一入院にCAGを施行することに関連するものと思われる。虚血性心疾患に対する経皮的冠動脈形成術(PCI)は311件(うちロータブレーター55例)で、そのうち急性冠症候群などに対する緊急治療は37件であった。冠動脈高度石灰化病変に対して、ステント拡張不良例などがあり、当院ではそのような病変に対してロータブレーターを使用することが多い。また高齢者は腎機能障害例が多く、安全性を第一に考え腎機能の推移を見ながら待機的にPCIをすることが緊急治療件数に反映していると思われる。不整脈内科はアブレーションの症例がもっとも多く265件であった。そのうち71%を心房細動のアブレーションが占めており、主たる対象疾患が心房細動である事が平均年齢の高さに反映しているものと思われる。



腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 1あ 11 33.64 37.06 9.09% 63.18 なし
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 19.45 12.84 18.18% 64.45 なし
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 12.43 あり
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 7.58 なし
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2 なし 22.67 なし
腎臓内科では、慢性腎炎症候群に対する検査・治療のための入院が最も多くなっています。
この中には腎生検目的の入院、慢性腎炎に対する治療、慢性腎不全に対する治療も含まれています。
腎生検目的の入院の場合、対象となる患者さんは比較的若く平均在院日数も短めですが、腎炎の治療となると長期間の入院が必要となる事が分かります。
また、腎または尿路の感染症は、平均年齢からも高齢の方がかかりやすい傾向があります。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 36 16.69 16.54 27.78% 71.94 なし
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 32 7.22 7.12 6.25% 57.56 なし
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 16.79 9.36 21.43 47.93 なし
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 11 7.64 6.38 0.00% 66.18 なし
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 18.76 なし
脳梗塞の年間症例90例のうち上位36例(40.0%)は合併症(肺炎など)のない症例です。
てんかんの年間症例37例のうち32例(86.5%)は合併症のない症例です。






血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 16 12.38 16.83 0.00% 73.12 なし
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 21.92 なし
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15.76 なし
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10.71 なし
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2 5あり 25.11 なし
悪性リンパ腫は、白血病などと並ぶ代表的な“血液のがん”で、非ホジキンリンパ腫は悪性リンパ腫の大部分を占めます。いろいろな臓器に発生し、たくさんの種類に細かく分類されています。治療は抗がん剤の投与が主となりますが、どこの臓器にどのような種類のリンパ腫ができているかを確認し、それに患者さんの状態を考慮して治療法を選択します。すぐには治療せず、しばらく経過観察することもあります。
骨髄異形成症候群は血液が造れなくなる病気のひとつで、高齢者に多く発生するため、近年患者数が増えています。血が足りなくなることが主症状ですが、一部は急性白血病に移行します。難治性ですので、病状の重い患者さんは、条件が許せば造血幹細胞移植を受けます。それ以外の患者さんに対しては様々な治療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 225 5.24 6.09 0.89% 2.34 なし
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 199 3.83 5.50 0.00% 3.55 なし
030270xxxxxxxx 上気道炎 197 3.99 4.83 0.00% 1.63 なし
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 181 5.32 6.42 0.55% 3.75 なし
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 131 5.10 5.79 0.76% 3.95 あり
小児科ではインフルエンザ、またRSウィルスをはじめとしたウィルス感染や細菌感染、マイコプラズマ感染による呼吸器感染症が最多を占め、次にウイルス性腸炎と、感染症の入院が非常に多いことから、感染症の予防が日常生活で重要になってくることがわかります。
また喘息の入院患者も多く、家庭環境なども含めた包括的なアレルギー対策も重要となってきます。"



新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 368 3.69 6.18 0.54% 0.00 なし
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 98 10.68 11.55 1.02% 0.00 なし
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 1あり 42 12.17 12.00 0.00% 0.00 なし
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 2あり 39 31.15 27.33 2.56% 0.00 なし
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 1あり 25 29.64 23.53 0.00% 0.00 なし
上記の疾患には新生児の疾患として最も頻度の多い新生児黄疸や、新生児呼吸器疾患では新生児一過性多呼吸などの疾患が含まれます。新生児黄疸には、重症化しやすいABO不適合による溶血性黄疸や、その他のRh不適合による黄疸の場合があります。これらの黄疸に対しては、通常の光線療法以外に、グロブリン製剤を使用した治療や、場合によっては交換輸血といって赤ちゃんの血液を入れ替えるような治療が必要になることがあります。また新生児一過性多呼吸は基本的に予後の良い軽度な呼吸障害が多いですが、重症の場合には人工呼吸器管理を必要とするものもあります。
2段目の疾患群には低出生体重児や早産児が含まれますが、この中にはきわめて慎重かつきめ細やかな集中治療を要する超早産児(在胎28週未満で出生)や超低出生体重児(出生体重が1000g未満)の児も含まれています。そのような未熟な児に発症しやすい低血糖や無呼吸発作が含まれているのもこの疾患群です。
3段目の疾患群には重症の呼吸障害の原因となる新生児気胸や胎便吸引症候群が含まれ、これらの疾患の多くは人工呼吸器管理を必要とします。さらに出生前後で児が酸素不足になってしまうために生じる新生児低酸素性虚血性脳症に対しては、脳低温療法を行って、後遺症の予防・軽減化を図ります。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 60 5.37 6.82 0.00% 58.38 あり
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 15.68 15.92 5.88% 73.26 あり
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 6.38 7.61 0.00% 63.52 あり
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 21 7.43 6.91 0.00% 37.05 なし
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 16 14.19 17.65 0.00% 67.25 あり
平成28年度の消化器外科の総症例数は539例で、最も多い手術術式は鼠径ヘルニア手術でしたが、現在は短期滞在手術等基本料に割り振られるため、DPC分類では胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が81例と最多でした。開腹を含めた胆嚢結石、胆嚢炎に対する胆摘術は106例でしたが、97例と大部分が腹腔鏡下に手術されています。また、結腸切除は74例、直腸切除20例のうち、開腹下結腸切除17例、腹腔鏡下結腸切除57例、開腹下直腸切除10例、腹腔鏡下直腸切除10例と腹腔鏡下切除が年々増加しています。また、当科ではinterval appendectomyを積極的に実施していることもあり、急性虫垂炎手術全20例中全例が腹腔鏡下虫垂切除であり、手術創の縮小、在院日数の短縮に効果をあげています。この他、肝切除5例、幽門側胃切除19例、胃全摘11例、膵頭十二指腸切除10例と高難度手術を含めた幅広い良性・悪性疾患を手術対象としており、大阪府がん診療拠点病院としての役割も果たしています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 26 12.62 12.73 0.00% 68.77 なし
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 15.17 10.09 0.00% 38.92 なし
040310xxxxxxxx その他の呼吸器の障害 10.77 なし
040200xx97x00x 気胸 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16.24 なし
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍 手術あり 9.15 なし
肺癌
・通常の肺葉切除(およびリンパ節郭清)や区域切除・部分切除は完全胸腔鏡手術を行っています。
・ただし、気管支浸潤(気管支形成術)・肺動脈浸潤(肺動脈再建術)・胸壁浸潤(胸壁再建術)を伴う肺癌では、安全性を優先し、場合によっては開胸手術(胸腔鏡併用)を行うことがあります。
呼吸機能低下を伴う肺癌
・肺葉切除のほか区域切除や拡大部分切除を選択します。通常は区域切除も完全胸視下に施行しています。
・一方、重度の呼吸機能低下を伴う症例は低侵襲手術のみで良好な結果を出すことはできないので、術後の安全で速やかな回復のために、集学的リハビリ・ERAS(enhanced recovery after surgery)が必要と考え、これを促進しています。
気胸
手術方法は肺嚢胞切除が一般的ですが、当院では肺を切除せずに温存し、肺嚢胞を凝固処理する方法も行っています。年齢的に自然気胸は再発することがありますので、肺の切除よりも肺を温存したほうが有利と考えています。ご本人様やご家族様と相談のうえ手術方法を決めています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 36 2.31 4.56 0.00% 69.00 なし
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 33 6.00 6.59 0.00% 61.94 なし
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 20 8.60 10.30 0.00% 60.70 なし
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2 なし 17 8.29 11.57 0.00% 59.53 なし
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 15 2.07 6.11 6.67% 58.13 なし
近年、乳癌の罹患率は上昇の一途をたどっており、2016年の罹患数の推計は9万人ともいわれている。本邦では比較的、若年齢での発症者が多いことや、検診の普及により早期で発見される乳癌が増加していることから、乳房温存手術が最も多い。最近では根治性に加えて、QOLや整容性も重視されるようになってきており、乳房切除術+再建術も行われるようになってきている。術後補助療法も重要であり、進行例や再発リスクの高い患者では、積極的に化学療法が行われる。当院では長期間にわたる化学療法には、簡便に点滴ができるよう中心静脈ポートを造設している。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 5.09 5.85 0.00% 71.15 あり
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり 17 7.24 12.46 5.88% 73.29 あり
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 動脈形成術、吻合術 指(手、足)の動脈等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 18.25 17.39 6.25% 72.44 あり
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 14 44.50 28.23 35.71% 66.07 なし
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 1あり 12 31.83 38.92 0.00% 77.17 なし
末梢血管疾患や、9件の急性大動脈解離手術を含む胸部大動脈瘤16件、腹部大動脈瘤13件(ステント治療5件)を行っております。





整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 181 19.34 26.26 20.44% 74.51 あり
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 142 23.34 27.63 85.92% 82.20 あり
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 71 18.41 24.42 12.68% 66.80 あり
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 59 4.22 5.49 1.69% 48.80 なし
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 57 11.39 11.91 0.00% 38.26 なし
2016年度の整形外科の総症例数は948例でした。主に人工関節置換術が多く、中でも膝関節の症例が上位を占めています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 20.27 19.35 43.24% 68.49 なし
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 12.79 9.87 3.57% 77.25 なし
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 27 13.37 16.54 25.93% 72.37 なし
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 10.94 7.52 17.65% 69.41 なし
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 16.73 なし
当科での入院件数に関しては、非外傷性頭蓋内出血の入院が最多となっております。出血量が多いときは血腫除去術を行います。この脳出血の原因で最も多いのは高血圧です。また脳血管奇形、脳腫瘍、過剰な抗血栓療法など、様々な出血原因があるため、原因を精査し、その治療をも行っております。次に多い疾患は、頭蓋、頭蓋内損傷など外傷性疾患です。これには、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血などが含まれます。必要に応じて、血腫除去術を行ったり、脳圧制御のための急性期治療などを行っております。次に多い疾患は、脳梗塞です。その多くが急性期脳梗塞であり、発症4.5時間以内であれば、t-PAという血栓溶解剤の投与を行っております。さらに血栓回収療法も治療可能です。またその後、脳梗塞再発予防のため抗血栓療法を行い、脳損傷を軽減するため脳保護療法を行っております。




小児脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 6.80 7.52 0.00% 4.87 なし
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 6.76 なし
140080xx99x0xx 脳、脊髄の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 3.97 なし
140070xx01xxxx 頭蓋、顔面骨の先天異常 頭蓋骨形成手術 頭蓋骨のみのもの等 22.03 なし
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 15.58 なし
小児脳神経外科の対象疾患で最も多いのは先天性中枢神経疾患(先天性水頭症、脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫、頭蓋縫合早期癒合症など)です。それらのすべてが、NICUやPICUに入院し新生児科・小児科との共観となり、術前術後管理を専門家に委ねているので、この数字の中には含まれません。そのため、頭蓋内損傷が主な疾患に上がっています。そのほか、小児脳腫瘍なども対象にしていますが、いずれも希少疾患のため、記載されていませんが、あらゆる小児神経外科手術を要する疾患を対象にしています。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040310xxxxxxxx その他の呼吸器の障害 54 6.87 10.77 3.70% 10.04 なし
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 24 1.96 8.57 0.00% 2.58 あり
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 22 5.59 5.60 0.00% 12.00 なし
140280xx99x0xx 気道の先天異常 手術なし 手術・処置等2 なし 15 3.93 5.02 6.67 13.40 なし
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 10 3.40 3.29 0.00% 4.30 なし
当科では、小児の気管疾患に対する検査、治療にも力を入れており他府県からの紹介も多く、積極的に行っています。特に声門下腔狭窄症の難治症例に対してPartial cricotrachealresection(PCTR)に取組み、今まで抜管困難であった症例の治療に成功しています。また気道病変に対する低侵襲なレーザー治療に取り組んでおり、レーザー治療による焼灼術は、気管内肉芽腫や声門下腔狭窄症に対する治療に用いています。鼡径ヘルニア、臍ヘルニアは、多くの症例で日帰り手術を行っています。虫垂炎に対しては腹腔鏡下手術を標準手術として行っています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 161 8.65 9.88 0.00% 34.97 なし
120170xx01x0xx 早産、切迫早産 子宮破裂手術等 手術・処置等2 なし 119 23.30 32.16 0.00% 33.61 なし
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 100 15.98 20.79 2.00% 33.29 なし
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 69 8.72 9.77 0.00% 33.97 なし
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 68 1.85 4.84 0.00% 60.57 なし
総合周産期母子医療センターである当院産科の入院は、正常分娩を除くと胎児ストレスや遷延分娩など分娩に関連した疾患が一番多くなっています。妊娠年齢の上昇や不妊治療技術の向上に伴う合併症妊娠の増加によると思われます。また、切迫早産症例の増加は産科救急を断らない体制の確立と積極的なback transferの徹底により、母体搬送症例が多いことに起因しています。
婦人科手術に於いは不必要な手術を回避し、止むをえない場合は、最小限の侵襲で治療することを目指しています。子宮筋腫などで子宮摘出する場合、可能なものは膣式子宮全摘を行い、次いで腹腔鏡下子宮全摘、骨盤腔を超えるような大きなものは開腹し腹式子宮全摘術を行っています。



皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 30 9.67 11.97 0.00% 70.50 なし
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 13 5.54 8.78 0.00% 7269 なし
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 7.83 8.96 0.00% 67.58 なし
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 4.28 なし
080090xxxxxxxx 紅斑症 10.37 なし
急性膿皮症は、発熱とともに皮膚が発赤腫脹する蜂窩織炎・丹毒が中心となります。皮膚の細菌感染症で、抵抗力の落ちたご老人に多く、重症化すると菌血症となって命にかかわることもあります。原則、入院していただいて抗生剤の点滴を行っています。                                         帯状疱疹は、小水疱が片側性に広がるウイルス疾患で、神経痛を伴うのが特徴です。軽症例では、外来通院での抗ウイルス薬内服でも治療可能です。ただ、病変の範囲が広い時、顔面に生じた時、汎発型の帯状疱疹などは、入院していただいて抗ウイルス薬の点滴を行っています。初期に適切な治療を行わないと、帯状疱疹後神経痛といって、神経痛が残る場合もあり注意が必要です。




形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 26 4.23 5.11 0.00% 36.69 なし
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 5.80 なし
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 6.76 なし
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 12.64 なし
080250xx99x1xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 あり 35.46 なし
形成外科の診療分野は、外傷、腫瘍切除と再建、先天異常を大きな柱としています。具体的には、顔面骨骨折、熱傷、ケロイド、瘢痕拘縮、多指症などの先天異常、眼瞼下垂、皮膚腫瘍、乳房再建など腫瘍切除後の再建、外傷による皮膚欠損、褥瘡、下腿潰瘍などの治療を担当しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 202 6.05 7.44 0.99% 68.77 あり
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 37 6.05 5.83 2.70% 64.78 あり
110070xx97x00x 膀胱腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 6.83 9.39 13.33% 69.50 あり
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 24 13.88 12.43 12.50% 69.42 なし
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 22 9.68 9.98 4.55% 71.59 あり
泌尿器科では、近隣の大学病院と連携して膀胱腫瘍に対して内視鏡切除や、進行膀胱癌に対して膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。2番目に多い症例は前立腺肥大で排尿障害を来した患者様へ経尿道的前立腺切除術を行っております。3番目に多い症例は腎結石や尿管結石に対して細径の特殊な内視鏡を用いてレーザー結石破砕や日帰り手術で体外衝撃波結石破砕を行っております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 10 2.40 2.91 0.00% 76.20 あり
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 3.44 なし
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 7.72 なし
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし 14.89 なし
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 7.01 なし
2016年度の眼科の総症例数は678例、そのうちの653例が短期滞在手術等基本料に割り振られています。
そのため、最も多い白内障手術症例が10例となっていますが、実際には661例、そのうち73例は多焦点眼内レンズを挿入しています。



耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 16 8.81 9.37 0.00% 69.19 なし
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 5.50 なし
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 9.60 なし
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 7.47 なし
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.24 なし
突発性難聴を含む急性感音難聴及び末梢性の顔面神経麻痺については、特に糖尿病などの基礎疾患を持つ症例に関して、全身管理のもとステロイド等の点滴加療を行っています。
急性扁桃炎などの上気道炎症性疾患の重症例については、入院の上、点滴等による消炎療法を行っています。
慢性副鼻腔炎やその他の慢性鼻疾患のうち適応のある症例については、入院の上、全身麻酔下に内視鏡下鼻内手術を行っています。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 24 - 41 18 37 1 7
大腸癌 18 22 51 152 28 49 1 7
乳癌 29 40 43 - - - 1 7
肺癌 19 34 30 69 46 28 1 7
肝癌 13 - 19 10 17 17 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
日本では、患者数が特に多い5つのがんを5大がんとしています。
それは、肺がん、胃がん、大腸がん、乳がん、肝がんです。
UICC(国際対がん連合):
1933年に結成された民間組織で、がん克服のために国際的に連帯し運動を行い、国際的統計の作成、世界共通のがん診断法や分類法の設定など、さまざまな活動を展開しておりUICCのがん分類は国際的標準として利用されています。
その分類は重症度によりStageⅠ~Ⅳに分かれており、数字が大きくなるほど重症度が上がります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 47 9.34 49.32
中等症 33 17.85 83.21
重症 124 14.80 75.59
超重症 11 18.09 89.00
不明 - - -
市中肺炎は普段の社会生活を送っている中で、主に健常者か軽度の基礎疾患をもつ患者に発症します。若者から高齢者まで幅広い年代でみられ、原因微生物も細菌・非定型病原体・ウイルスなど多彩です。軽症で外来治療が可能なことも多いのですが、重症例もみられます。本邦の市中肺炎のガイドラインでは重症度を分類するためにA-DROPシステム(*)を用います。(*)A-DROPとは身体所見、年齢による肺炎の分類で、5つのチェック項目の頭文字をつなげたものです。
スコア0を軽症(外来治療)、1~2を中程度(外来または入院治療)、3を重症(入院治療)、4~5を超重症(ICU治療)として推奨される治療環境を簡便に判断できるようにしています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 17 7.06 67.76 0.00%
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 163 23.63 74.18 35.91%
その他 18 23.28 79.72 3.87%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 10 10.50 60.30 0.00%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 22.00 66.00 50.00%
その他 1 21.00 41.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 4 15.50 35.75 11.11%
その他 5 15.40 21.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
〈発症日からの日数〉
急性なのか亜急性なのかで治療内容が異なるため“3日以内”と“その他”に2分類をしています。
急性の場合、点滴治療の対象となるが、それを過ぎると内服やリハビリといった治療が中心となります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 159 1.99 2.11 0.02% 67.57 あり
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 72 6.94 13.44 0.10% 77.00 なし
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 45 5.04 7.71 0.02% 72.47 なし
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 36 1.78 10.44 0.00% 75.56 なし
K654 内視鏡的消化管止血術 28 0.96 11.61 0.03% 73.18 なし
消化器内科は内視鏡手技による治療に積極的に取り組んでいます。そのなかでも大腸ポリープの内視鏡切除は経験豊富です。小サイズのポリープは外来で治療しますが、10㎜を超えるポリープ切除は大きさに応じて短期の入院で行っています。また肝・胆・膵の疾患による黄疸の治療は特に得意分野です。結石や腫瘍により胆汁の流れが障害されておこる閉塞性の黄疸に対しては、内視鏡的乳頭括約筋切開術により結石を除去したり、内視鏡的胆道ステント留置術により腫瘍による胆汁のうっ滞を改善させる治療を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 227 1.54 2.53 0.03% 66.24 あり
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 194 2.64 4.45 0.05% 69.58 あり
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの) 高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの 65 5.35 6.37 0.05% 73.18 なし
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの 48 0.52 1.69 0.03% 61.81 あり
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 26 3.81 5.27 0.02% 74.42 なし
当院は循環器内科と不整脈内科が独立して活動している。循環器内科と不整脈内科1197名の入院のうち、狭心症(虚血性心疾患 050050)が約47%、心不全が約15%を占める。狭心症の中で手術なしが261件であった。実際のCAGはPCIを除くと614件であったので、この差は糖尿病教育入院で運動負荷試験陽性の症例に同一入院中にCAGを施行したり、下肢血管のバイパス術前に同一入院中にCAGを施行する事に関連するものと思われる。狭心症で手術ありが196件であった。冠動脈インターベンションの実数は260件(うちロータブレータ―27例)であるが急性心筋梗塞などは同一入院で退院前に残存狭窄へのPCIを施行しているケースがある事に関連するものと思われる。いずれも安全性を第一に考えての事であるが、DPCの観点からはパスを含めて検討する余地があるかもしれない。不整脈内科はアブレーションの症例がもっとも多く193件であった。そのうち74%を心房細動のアブレーションが占めており、主たる対象疾患が心房細動である事が平均年齢の高さに反映しているものと思われる。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 19 0.05 1.63 0.00% 1.37 なし
K386 気管切開術 - - - - - なし
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - - なし
K653-2 食道・胃内異物除去摘出術(マグネットカテーテルによるもの) - - - - - なし
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - - なし
小児科の入院症例で手術として扱われるのは,腸重積症に対する非観血的整復術や,異物誤飲に対する食道・胃内異物除去摘出術などになります。
新生児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 90 0.00 56.70 0.05% 0.00 なし
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 11 0.00 71.73 0.02% 0.00 なし
K1381 脊椎披裂手術 神経処置を伴うもの - - - - - なし
K7292 腸閉鎖症手術 腸管切除を伴うもの - - - - - なし
K1742 水頭症手術 シャント手術 - - - - - なし
新生児科で手術とみなされるものには、仮死状態で出生した赤ちゃんに対する蘇生術が含まれます。赤ちゃんが仮死状態で出生することは決してまれなことではなく、迅速かつ適切な蘇生処置を行うことが非常に重要になります。また生まれつき腸のどこかに閉鎖がある場合や、出生後の胎便による腸閉塞などに対しては、適切な時期に手術を行うことが赤ちゃんのその後の栄養状態の改善と良好な発育発達に必要となります。このような赤ちゃんには小児外科と協力して最適な時期に手術を行い、しっかりと術後の管理を行っています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 95 1.32 2.08 0.02% 67.07 なし
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 91 1.59 3.60 0.02% 60.58 あり
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 41 5.78 11.46 0.03% 73.51 あり
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 27 1.33 2.74 0.00% 70.85 あり
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 16 1.00 3.00 0.00% 42.25 なし
平成28年度の消化器外科の総症例数は539例で、最も多い手術術式は鼠径ヘルニア手術でしたが、現在は短期滞在手術等基本料に割り振られるため、DPC分類では胆嚢結石に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術が81例と最多でした。開腹を含めた胆嚢結石、胆嚢炎に対する胆摘術は106例でしたが、97例と大部分が腹腔鏡下に手術されています。また、結腸切除は74例、直腸切除20例のうち、開腹下結腸切除17例、腹腔鏡下結腸切除57例、開腹下直腸切除10例、腹腔鏡下直腸切除10例と腹腔鏡下切除が年々増加しています。また、当科ではinterval appendectomyを積極的に実施していることもあり、急性虫垂炎手術全20例中全例が腹腔鏡下虫垂切除であり、手術創の縮小、在院日数の短縮に効果をあげています。この他、肝切除5例、幽門側胃切除19例、胃全摘11例、膵頭十二指腸切除10例と高難度手術を含めた幅広い良性・悪性疾患を手術対象としており、大阪府がん診療拠点病院としての役割も果たしています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 18 1.11 10.44 0.00% 67.28 あり
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 17 8.59 5.82 0.00% 43.94 なし
K513-4 胸腔鏡下肺縫縮術 - - - - - なし
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 - - - - - なし
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - - なし
肺癌
・通常の肺葉切除(およびリンパ節郭清)や区域切除・部分切除は完全胸腔鏡手術を行っています。
・ただし、気管支浸潤(気管支形成術)・肺動脈浸潤(肺動脈再建術)・胸壁浸潤(胸壁再建術)を伴う肺癌では、安全性を優先し、場合によっては開胸手術(胸腔鏡併用)を行うことがあります。
呼吸機能低下を伴う肺癌手術
・肺葉切除のほか区域切除や拡大部分切除を選択します。通常は区域切除も完全胸視下に施行しています。
・一方、重度の呼吸機能低下を伴う症例は低侵襲手術のみで良好な結果を出すことはできないので、術後の安全で速やかな回復のために、集学的リハビリ・ERAS(enhanced recovery after surgery)が必要と考え、これを促進しています。その結果、手術死亡や入院死亡はなく、また術後に在宅酸素治療を要した症例はおりません。
気胸手術
・手術方法は肺嚢胞切除が一般的ですが、当院では肺を切除せずに温存し、肺嚢胞を凝固処理する方法も行っています。年齢的に自然気胸は再発することがありますので、肺の切除よりも肺を温存したほうが有利と考えています。ご本人様やご家族様と相談のうえ手術方法を決めています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 32 1.31 3.09 0.00% 61.56 あり
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 19 1.32 6.11 0.00% 61.79 あり
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17 0.00 1.00 0.00% 60.24 なし
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - - - - - あり
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - - あり
近年、乳癌の罹患率は上昇の一途をたどっており、2016年の罹患数の推計は9万人ともいわれている。本邦では比較的、若年齢での発症者が多いことや、検診の普及により早期で発見される乳癌が増加していることから、乳房温存手術が最も多い。最近では根治性に加えて、QOLや整容性も重視されるようになってきており、乳房切除術+再建術も行われるようになってきている。術後補助療法も重要であり、進行例や再発リスクの高い患者では、積極的に化学療法が行われる。当院では長期間にわたる化学療法には、簡便に点滴ができるよう中心静脈ポートを造設している。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6171 下肢静脈瘤手術 抜去切除術 56 0.79 1.07 0.00% 67.34 あり
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 52 1.60 3.48 0.03% 72.71 あり
K6146 血管移植術、バイパス移植術 膝窩動脈 15 7.27 11.53 0.00% 75.53 なし
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 12 3.58 20.92 0.02% 67.67 あり
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 10 2.40 2.30 0.00% 65.70 あり
上位手術の他に9件の急性大動脈解離手術を含む胸部大動脈瘤手術を16件、腹部大動脈瘤手術13件(ステント治療5件)を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 277 1.29 17.06 0.84% 72.40 あり
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 126 3.71 16.77 1.47% 78.67 あり
K0461 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 60 1.97 7.15 0.12% 55.62 あり
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 47 4.02 16.91 0.79% 81.98 なし
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 30 0.90 1.37 0.00% 45.17 なし
2016年度の整形外科の総症例数は948例でした。主に人工関節置換術が多く、中でも膝関節の症例が上位を占めています。次いで外傷に対する骨折手術等も行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 1.06 18.39 0.03% 78.77 なし
K1742 水頭症手術 シャント手術 15 3.93 16.73 0.07% 33.53 なし
K1781 脳血管内手術 1箇所 14 0.93 16.86 0.00% 69.86 なし
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 11 11.73 14.91 0.02% 40.36 なし
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 10 4.50 31.20 0.00% 45.80 なし
当科での手術件数に関しては、慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫ドレナージ術が最多です。この疾患は、軽微な外傷により2週間から3ヶ月の間に、歩行障害、認知症などで発症しますが、手術により改善する可能性が高いものです。次にシャント手術、脳血管内治療が続きます。当院は低侵襲治療を積極的に取り組んでいます。脳血管内治療は脳動脈瘤に対するコイル塞栓術と頸動脈狭窄症に対する経皮的頸動脈ステント留置術です。次に脳腫瘍に対する腫瘍摘出術が続きます。脳腫瘍は、発生部位、大きさなどにより、意識障害、四肢運動感覚障害、失語症、視野障害など様々な症状を示しますが、大きくなれば頭痛、嘔気など共通の症状を示します。これらに対して、手術により、治癒をめざしたり、術後の補助療法の道筋を探ります。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 87 0.01 0.34 0.00% 3.01 あり
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 22 0.00 0.64 0.00% 1.91 あり
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 21 0.67 4.00 0.00% 12.00 なし
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 16 0.00 0.31 0.00% 3.81 なし
K387 喉頭粘膜焼灼術(直達鏡) 13 1.85 11.15 0.00% 8.08 なし
当科では、小児の気管疾患に対する検査、治療にも力を入れており他府県からの紹介も多く、積極的に行っています。特に声門下腔狭窄症の難治症例に対してPartial cricotrachealresection(PCTR)に取組み、今まで抜管困難であった症例の治療に成功しています。また気道病変に対する低侵襲なレーザー治療に取り組んでおり、レーザー治療による焼灼術は、気管内肉芽腫や声門下腔狭窄症に対する治療に用いています。鼡径ヘルニア、臍ヘルニアは、多くの症例で日帰り手術を行っています。虫垂炎に対しては腹腔鏡下手術を標準手術として行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 211 4.08 7.18 0.00% 33.66 あり
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 190 6.32 6.92 0.00% 34.73 あり
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 69 0.97 3.74 0.00% 38.58 なし
K9061 子宮頸管縫縮術 マクドナルド法 57 1.09 14.19 0.00% 33.93 あり
K877 子宮全摘術 55 1.44 10.33 0.00% 47.02 あり
当院はハイリスク妊婦が多く紹介されるため、帝王切開は選択、緊急合わせて年間400件前後行われます。通常の帝切だけではなく、前置胎盤や超低出生体重児の早産における子宮底部横切開、子宮内感染例における腹膜外帝王切開など、母児の安全に寄与する新しい帝王切開も行なっています。また、子宮切開部のマーキング法を取り入れ、術後はエコーやMRIで創部治癒を1年かけて確認し、情報をフィードバックすることで、帝王切開手技の改善を日々模索しています。
婦人科手術に於いは不必要な手術を回避し、止むをえない場合は、最小限の侵襲で治療することを目指しています。子宮筋腫などで子宮摘出する場合、可能なものは膣式子宮全摘を行い、次いで腹腔鏡下子宮全摘、骨盤腔を超えるような大きなものは開腹し腹式子宮全摘術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 657 0.05 1.19 0.00% 73.78 あり
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの - - - - - なし
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - - なし
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - - - - なし
K2193 眼瞼下垂症手術 その他のもの - - - - - なし
白内障手術用としてセンチュリオンが導入され、手術用顕微鏡もサージカルガイダンス付きの最新型が入りました。これによりトーリック眼内レンズや多焦点眼内レンズも安全に挿入することができます。先進医療を用いての白内障手術も可能です。さらにフェムトセカンドレーザー白内障手術システムが導入され北摂市域で優れた機種で白内障手術ができる環境が整いました。レーザー白内障手術は術者の経験や技量に頼らない次世代の白内障手術システムと呼ばれています。手術は常勤医4名全員が執刀できます。また、最近は地域に硝子体手術ができる施設が減少しているのが現状ですが、当院ではコンステレーションとリサイト付ルメラ手術用顕微鏡の充実した設備で手術を行っています。難症例には近隣の大学病院から硝子体手術専門医が執刀に来てくれます。眼瞼内反症手術では小児は全身麻酔で、高齢者は局所麻酔で行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 12 1.83 1.92 0.00% 23.00 なし
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上 12センチメートル未満 12 0.25 3.42 0.00% 42.67 なし
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上 6センチメートル未満 - - - - - なし
K427 頬骨骨折観血的整復術 - - - - - なし
K013-21 全層植皮術(25平方センチメートル未満) - - - - - なし
形成外科では、皮膚の良性および悪性腫瘍の切除術、熱傷や褥瘡、下腿潰瘍などに行う植皮術、顔面骨骨折に対する整復固定などを主に行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 234 1.49 3.90 0.10% 68.67 あり
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 36 1.25 3.86 0.02% 64.64 あり
K8412 経尿道的前立腺手術 その他のもの 24 2.88 7.83 0.02% 72.25 あり
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 2.86 8.38 0.00% 72.95 なし
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術) 20 0.85 3.80 0.03% 68.25 あり
泌尿器科では、近隣の大学病院と連携して膀胱腫瘍に対して内視鏡切除や、進行膀胱癌に対して膀胱全摘、全身抗癌剤治療などを行っております。前立腺肥大は排尿障害を来した患者様へ経尿道的前立腺切除術を行っております。腎結石、尿管結石に対しては細径の特殊な内視鏡を用いてレーザー結石破砕や日帰り手術で体外衝撃波結石破砕を行っております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 9 0.07
異なる 22 0.16
180010 敗血症 同一 81 0.59
異なる 35 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 65 0.47
異なる - -
医療の質の改善のために、発症をゼロにするのは難しいが、少しでも減らすようにすべき傷病名として、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症をあげています。請求率は全退院患者数(13,696人)で対象の患者数を除して100を掛けたもので、少数は2桁までです。最も医療資源を投入した疾病名が表にかかげたDPCにあてはまる場合において、入院のきっかけになった病名と同一かどうかで分けて請求率を示しています。
手術・処置等の合併症には、人工関節のゆるみ・脱臼・破損が生じた症例の他、術創部の出血や感染、透析シャントの閉鎖術を受けた症例や予防接種後に発熱した症例などが含まれています。
更新履歴