愛仁会グループ

HOME > 診療科・部門案内 > リハビリテーション科

診療科・部門案内

リハビリテーション科

 高槻病院のリハビリテーション科はあらゆる急性期疾患に対応するリハビリテーション医療を行っています。 隣接する愛仁会リハビリテーション病院の回復期病棟、障害児(者)病棟、また在宅部門とも密接な連携を取り、新生児から高齢者まで、急性期から維持期まで連続したリハビリテーション医療を行う最初の窓口として機能できるように努めています。2010年1月よりリハビリテーション科専従専門医が着任し、入院中のさまざまな疾患に対して急性期リハビリテーション医療を実施しています。

疾患別リハビリテーションとして

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)
運動器リハビリテーション(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)
心大血管疾患リハビリテーション(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション    の施設基準を取得しています。


 脳卒中をはじめとする脳神経疾患等のリハビリテーション、整形外科の人工関節や大腿骨頸部骨折、脊椎・脊髄疾患にはクリニカルパスを運用した運動器リハビリテーションを、また循環器内科や心臓血管外科、呼吸器外科・内科とも連携し心大血管疾患、呼吸器リハビリテーションを行っています。また2011年秋からは”がん患者のリハビリテーション料”も算定実施できるようになりました。大阪府のがん診療連携拠点病院としてがん患者さまに外科手術前後のみでなく化学療法や放射線治療中も機能障害、能力低下をきたすことなく治療が受けられるようにリハビリテーション医療を提供しています。  

 機能訓練室も拡張整備されスタッフも増員になりリハビリテーション科医師1名、理学療法士27名、作業療法士8名、言語聴覚士8名、事務職員2名の計46名で診療に携わっています。院内に回復期病棟を持たず(隣接する愛仁会リハビリテーション病院に168床あります)、40名以上のリハビリテーションスタッフを有する急性期病院は関西でも限られています。このメリットを最大限に生かしICUから開始する超・急性期リハビリテーションを推進し病院の急性期医療機関としての機能向上に努めています。

 急増する高齢者の肺炎の原因となる嚥下機能障害にも積極的に取り組んでいます。 入院直後の絶食期間中から鼻咽喉頭ファイバーを駆使してベッドサイドで言語聴覚士や看護師と嚥下機能の初期評価を行っています。また毎週の嚥下チームラウンドにはリハビリテーション専門職(DR,ST,OT,PT)の他に看護師、管理栄養士や薬剤師も加わり多職種で検討し、 “いつまでも口から食べる楽しみをあきらめない”をモットーに経口摂取に挑戦する訓練をおこなっています。 高槻市歯科医師会の協力を得て、近隣の歯科医師、歯科衛生士の方々に往診を依頼し、通常の歯科治療のみでなく口腔ケアの指導も行っていただき歯科と医科の連携した摂食嚥下リハビリテーションに取り組んでいます。

 新生児医療の面では リハビリテーションスタッフがNICU, GCUの医師、看護師と協力し合って評価ならびに訓練に携わっています。

 リハビリテーション専門職は院内にあるいくつかのチーム医療のメンバーに加わり、また各診療科・病棟との10を超えるカンファレンスにも参加しリハビリテーション医療の立場から意見を述べ病院内チーム医療の推進役として機能しています。


 外来リハビリテーションは高槻病院入院中にリハビリテーションを受けられていた方に限り、必要な場合は診療科と連携し退院後も引き続き実施しています。

 本院のリハビリテーション科は日本リハビリテーション医学会専門医制度研修施設として若い世代の医師にも大きく門戸を開放しています。

活動実績等はリハビリテーション部門(技術部リハビリテーション科)をご覧ください。

診療担当医

欅 篤
(副院長
リハビリ
テーション科
部長)

資格
医学博士
名古屋大学医学部卒、京都大学医学部大学院卒
日本脳神経外科学会 専門医・評議員
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医・専門医
日本リハビリテーション医学会研修施設指導責任者(指導医)
日本摂食嚥下リハビリテーション学会 認定士
日本心臓リハビリテーション学会 指導士
日本認知症学会 専門医
日本認知症学会認定教育施設 指導医
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
日本医師会認定産業医・健康スポーツ医
身障指定医:肢体不自由、音声・言語機能障害、咀嚼機能障害

専攻医 吉澤 賢志

↑このページのトップへ