愛仁会グループ

HOME > 診療科・部門案内 > リハビリテーション部門

診療科・部門案内

リハビリテーション部門

作業療法とは?~当院における活動を中心に~


 作業療法とは、身体又は精神に障害を負った方、またそれが予測される方を対象に、主体的な生活の獲得を図るため、諸機能の回復、維持および開発を促し、治療、指導および援助を行うことを言います。主に応用的動作や行為遂行の獲得を図るために、作業活動を用いて協調性や持久力などの身体機能の改善を図ることや、自助具や福祉用具を選定したり、動作方法を変更することで生活の自立を促進します。また、退院後の生活不安の解消やスムーズに在宅復帰できるように退院前訪問や院内外のカンファレンスにも積極的に参加しています。対象者が自信を持って退院後の生活が送れるように実際の活動や、代替活動を作業活動の一環として行うリハビリテーションを主に実施しています。また、入院中の体力や意欲の維持の為の離床活動や、骨折や人工関節置換術後の患者様への動作指導、環境調整なども行っています。また、低周波治療機器の導入や、ICUなどにも訪床を行い、積極的なリハビリテーションを展開しています。「初期もの忘れ外来」「糖尿病教育入院」「正常圧水頭症」などの対象となる患者様の認知機能検査なども担当しています。作業療法では、保健や福祉の分野など医療の現場以外でも専門性を生かし、対象者が主体的な生活が送れるように個々に合わせた支援を行います。

対象疾患
  • 整形外科疾患:頚椎症 大腿骨頚部骨折、人工関節置換術後、上腕骨骨折など
  • 中枢疾患:脳卒中片麻痺、頭部外傷、脳腫瘍、正常圧水頭症など
  • 神経筋疾患:パーキンソン病、ギランバレー、多系統萎縮症など
  • 呼吸器疾患:慢性閉塞性換気障害、間質性肺炎など
  • 心疾患:急性心筋梗塞、心不全など
  • 代謝疾患:糖尿病など
  • その他:長期入院が予想される疾患などにおいて早期退院支援を積極的に行っています。

糖尿病患者さんの『認知機能検査』も担当しています。看護師と協力してインスリン注射手技の獲得への介入も行っています。

作業療法 2016年度 入院患者実績
  処方件数   処方件数
整形外科
354
13.3%
血液内科
4
0.2%
脳神経外科
277
10.5%
小児科
9
0.4%
小児外科
7
0.3%
耳鼻科
1
0.0%
消化器・一般外科
51
1.9%
皮膚科
8
0.3%
心臓血管外科
100
3.8%
産婦人科
19
0.7%
呼吸器外科
12
0.5%
泌尿器科
44
1.7%
糖尿病内分泌代謝内科
217
8.2%
精神神経科
9
0.4%
呼吸器内科
594
22.4%
形成外科
3
0.1%
消化器内科
420
15.9%
小児脳神経外科
8
0.3%
循環器内科
351
13.3%
不整脈内科
1
0.1%
腎臓内科
36
1.4%
乳腺外科
1
0.1%
神経内科
115
4.4%
合計
2641
100%

↑このページのトップへ