愛仁会グループ

HOME > 診療科・部門案内 > 緩和ケア外来

診療科・部門案内

緩和ケア外来

 緩和ケアは、がんと診断された時から必要で、患者さんとそのご家族のQOL(生活の質)を向上させるためのケアです。外来通院中は入院中と違い主治医や看護師に自分の病状や辛さについて話す機会が限られてしまいます。それに加え、通常の予約外来では時間も限られているため、診察時には言えずに実は我慢してしまった痛みなどを抱えながら次の外来予約日を待っているという状況は珍しくないかもしれません。そこで、本来の理想的な緩和ケアの姿に近づけるために、9月より緩和ケア外来を再編成しました。

 新システムの外来では一人30分の枠を確保し、医師と看護師(緩和ケア認定またはがん性疼痛看護認定看護師)が協働して診察を行い、がん性疼痛に限らず様々な苦痛の緩和を図りたいと思います。緩和ケア外来は院内診療科からの紹介による完全予約制となりますので、当院に通院中の方は主治医にご相談ください。他院に通院中の方はかかりつけ医より当院にご紹介いただき、まずは一般外来を受診していただいた後、緩和ケア外来へのご紹介となります。

診療体制

診療日
担当医師: 中村 美保
担当看護師: 中川 純子 緩和ケア認定看護師
  山本 直  がん性疼痛看護認定看護師
場所: 内科外来
時間枠: 月曜日午後14:00~16:00
  一人30分枠、完全予約制

↑このページのトップへ