愛仁会グループ

HOME > 診療科・部門案内 > 臨床工学科

診療科・部門案内

臨床工学科

臨床工学技士は、CE(Clinical Engineering)とも呼ばれ、医療機器の機能性や安全性の向上・維持を業務指針としており、医療機器を介して安全な医療が提供できるように業務を行っています。 当院での臨床工学科の業務は、血液浄化業務・手術室業務・NICU・小児在宅業務・機器管理業務・内視鏡業務・心臓カテーテル室業務などがあります。

人工心肺業務 人工心肺装置、心筋保護装置、自己血回収装置、不整脈治療装置、体外式ペースメーカー、心拍出量計、生体情報モニターなど
血液浄化業務 持続的緩徐式血液浄化装置
※小児領域におけるCHDF、PMX、PE、DFPP
心臓カテーテル業務 IABP、PCPS、IVUS、ポリグラフ、電気刺激装置、造影剤注入装置、体外式ペースメーカー、ペースメーカプログラマーなどの操作。
ペースメーカー業務 ペースメーカー植込み・交換時のプログラマー操作など
※緊急対応、ペースメーカー外来も含む。
内視鏡業務 上・下部消化管内視鏡関連装置
手術室業務 生体情報モニター、麻酔器、電気メス、超音波手術装置、手術用顕微鏡(脳外、整形、眼科)、内視鏡装置(胸腔、腹腔)、手術台、血液ガス分析装置 など 
人工呼吸器業務 人工呼吸器(ベネット840、VELA、Bipapシリーズ、Babylogなど)、在宅用人工呼吸器、RST活動など

取得認定資格など

・体外循環技術認定士 
・3学会合同呼吸療法認定士 
・透析療法認定士
・内視鏡認定技士
・臨床検査技師
・ペースメーカ関連専門臨床工学技士

医療機器管理業務

院内の医療機器の有効利用を促進する為、シリンジポンプ・輸液ポンプ・人工呼吸器などの中央管理を行っています。2012年からは、ME機器管理ソフトも導入し、 タブレットを用いて点検を行うことでデータを一元管理することができるようになりました。それにより、医療機器管理業務の効率化を計かれ今後、 中央管理する機器はさらに増していくことが考えられます。そのため、様々なME機器に対応できるように企業のメンテナンス講習にも積極的に参加し、 いつでも安全に使えるよう院内でオーバーホールを行える体制づくりを目指しています。

【中央管理機器】

シリンジポンプ・輸液ポンプ・下肢深部静脈血栓予防装置・SPO2モニタ・CVエコー、ベッドサイドモニタ・ネブライザ・人工呼吸器(840/VELA/V60) など


↑このページのトップへ

心臓カテーテル室業務

2011年より心臓カテーテル室の業務に携わっています。主な業務として、造影剤自動注入装置のセットアップ・ポリグラフの操作/モニタリング・血管内超音波診断装置(IVUS)や光干渉断層撮影(OCT)の画像解析・ロータブレーターやPCPS・IABPの操作等を臨床検査科と協力しながら行っています。ペースメーカ植え込みや交換手術時のPSA操作やジェネレーターの設定、ペースメーカ外来のフォローアップなども携わっています。




 
2013年度
PCI
224
ローターブレータ-
11
ペースメーカ外来フォローアップ/PM植込み
255

↑このページのトップへ

手術室業務

手術に必要な医療機器のセッティング・点検・保守業務を行っています。その他、人工心肺業務・レーザー使用手術時の操作・整形外科でのナビゲーション手術装置の操作なども行っています。また、近年手術技術の進歩はめざましく、内視鏡を用いて行う手術が増加してきています。当院では2013年現在、外科・呼吸器外科・産婦人科・小児外科・耳鼻咽喉科・整形外科・泌尿器科・脳神経外科・小児脳神経外科・心臓血管外科が内視鏡装置を使用した手術を行っており、内視鏡装置の保守管理も業務の一つとしています。常駐スタッフは、2~3名体制で安全管理に努めています。

 
2013年度
人工心肺操作件数
64
脳・脊髄電気刺激装置 MEP・SEP
19

↑このページのトップへ

NICU・小児重症治療室業務と小児在宅支援業務

総合周産期母子医療センターとして、NICU(21床)・GCU(30床)・MFICU(8床)にある医療機器全般の機器ライフサイクルを管理しています。生命維持装置は、保育器(27台)・人工呼吸器(9台)・補助換気(15台)、治療機器は、脳低温療装置・アイノベント(NO療法)、監視装置は、経皮ガスモニター・INVOS・aEEGなどです。 保守点検を重ね、不具合の無い状態で提供を心がけています。また小児の血液浄化を2014年度から行っており、血漿交換やエンドトキシン吸着などの施行にも積極的に取り組んでいます。


↑このページのトップへ

内視鏡業務

内視鏡室では、胃カメラや大腸ファイバー・気管支ファイバーを用いた検査や治療が行われています。当院では、2008年より内視鏡室の安全管理を強化するために、臨床工学技士が配置されることになりました。業務としては、内視鏡装置・電気メス等の検査前点検を実施して安全管理に努めています。


 
2013年度
ラジオ波焼却療法  RFA
20

↑このページのトップへ

科員の日常風景